勝矢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
かつや
勝矢
別名義 勝矢 秀人
生年月日 (1975-05-08) 1975年5月8日(45歳)
出生地 日本の旗 日本兵庫県
身長 183 cm
血液型 A型
職業 俳優声優演出家
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
事務所 BEACON ALLIANCE
( - 2018年)
LDH JAPAN
(2018年 - )
テンプレートを表示

勝矢(かつや、1975年5月8日 - )は、日本俳優声優演出家。舞台制作の独弾流GARAGARADON主宰。所属事務所はLDH JAPAN。以前は勝矢 秀人(かつや ひでと)名義で活動していた。

人物[編集]

男兄弟の末っ子として生まれる[1]。小学校から社会人までサッカーをしていた[1]。高校卒業後、当時サンフレッチェ広島と関連があったマツダに入社して、社会人選手としてやっていく道を選んだものの、21歳で受けたプロテストに最終選考で落ちたことで、プロサッカー選手の道を諦め、高倉健のインタビューを読んだことで映画の面白さに気付き、役者を目指すことになる[2]。演技経験はなかったものの、22歳で上京し、とび職のアルバイトなどをしながら舞台などをやっている中で映画監督の目に留まり、業界関係者とつながって行くうちにフリーの俳優として活動するようになるが、29歳の時に「師匠」として慕っていた菅田俊の知人である竹内力からの紹介で竹内の所属事務所に入る[3]。その後、『あしたのジョー』(2011年)のマンモス西役や『テルマエ・ロマエ』(2012年)のマルクス・ピエトラス役で名前が知られるようになる[3]

本人曰く、曾祖父明治時代に日本に宝石を売りに来ていたオランダ人である[4]。オランダ人の血が8分の1入っていることもあり、幼稚園の頃にはいじめられていたが、その後、身体が大きくなっていくにつれて周りが手のひらを返していったことを小学生にして感じたことで、常に周りを見るような性格になったと本人は述べている[5]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

Vシネマ[編集]

  • 野良犬(2002年)
  • 死刑確定II(2004年) - 沢柳
    • 死刑確定III(2005年)
  • 岸和田少年愚連隊 カオルちゃん最強伝説 マレーの虎(2005年)
  • 実録・暴走族 ブラックエンペラーレディース(2006年) - ナレーション
  • 難波金融伝 ミナミの帝王 37「土俵際の伝説」(2007年)
  • 実録・暴走族 極悪 二代目(2007年) - 関東國政一家軌鋭会幹事長 森江田隆弘
  • The かぼちゃワイン Another(2007年) - 吾郎(青葉春助の叔父)
  • 修羅の統一(2009年)全2作 - 水進会川崎一家理事長 岩田組組長 岩田茂
  • 影の交渉人 ナニワ人情列伝(2009年) - 大村勘太郎(劇団員)
  • 喧嘩の極意4(2009年)
  • 標的 TARGET(2009年) - 村井
    • 標的2 TARGET(2009年)
  • 3 4(2009年)
  • 大阪風紀委員会(2011年)
  • 実録・侠魂(2011年) - 山神組二代目細野組岡田組組員
  • 修羅の覇道 完結編(2011年)
  • 新宿狼(2012年)
  • 白竜 ヒットラーの息子(2012年)
  • ブラックフェイス(2013年)
  • ルーザー(2013年) - 朱(チャイニーズマフィア、真心飯店)
  • 組長強奪計画(2013年) - 男
  • 日本統一1 3 5 6 7(2013年) - 侠和会 斉藤浩樹
  • 暴力列島(2013年) - 高寅組若頭補佐 樋口組組長 樋口勝典
    • 暴力列島2(2013年)
  • 流し屋 鉄平(2015年3月13日、東映ビデオ) - 石丸(竜一の元部下)
  • 極道刑務所1 2(2014年)
  • 欲望の代償(2016年)

テレビアニメ[編集]

CM[編集]

ミュージック・ビデオ[編集]

ゲーム[編集]

ミュージカル[編集]

舞台[編集]

ネットドラマ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b お風呂の履歴書 〜テルマエ・ロマエ特別連載〜「勝矢の履歴書」”. シネマトゥデイ (2012年5月2日). 2012年12月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年5月14日閲覧。
  2. ^ くれい響. “勝矢が日本版オリジナルキャラを好演! 『50回目のファーストキス』がリメイク”. CREA. http://crea.bunshun.jp/articles/-/15512 2018年5月18日閲覧。 
  3. ^ a b くれい響. “勝矢が日本版オリジナルキャラを好演! 『50回目のファーストキス』がリメイク (2ページ目)”. CREA. http://crea.bunshun.jp/articles/-/15512?page=2 2018年5月18日閲覧。 
  4. ^ 勝矢さんインタビュー / 小杉啓太役”. HERO - オフィシャルサイト. フジテレビ. 2015年4月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年4月5日閲覧。
  5. ^ くれい響. “勝矢が日本版オリジナルキャラを好演! 『50回目のファーストキス』がリメイク (3ページ目)”. CREA. http://crea.bunshun.jp/articles/-/15512?page=3 2018年5月18日閲覧。 
  6. ^ “ムロツヨシ、太賀、山崎紘菜ら、山田孝之&長澤まさみが“恋人役”映画出演決定<50回目のファーストキス>”. モデルプレス. (2018年2月9日). https://mdpr.jp/cinema/detail/1745406 2018年2月9日閲覧。 
  7. ^ “映画「島守の塔」キャスト発表 島田叡役に萩原聖人さん”. 神戸新聞NEXT (神戸新聞社). (2020年3月17日). https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/202003/0013200227.shtml 2020年3月18日閲覧。 
  8. ^ 2020年2月上演!! LDHが贈る新たな朗読劇 『BOOK ACT』”. EXILE TRIBE mobile. LDH JAPAN (2019年). 2019年12月26日閲覧。