勝野重吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
勝野 重吉

勝野 重吉(かつの しげよし、1876年(明治9年)4月[1] - 没年不明)は、大正から昭和時代前期の政治家福岡県直方市長。

経歴・人物[編集]

福岡県出身[1]1899年(明治32年)福岡県師範学校福岡教育大学の母体のひとつ)を卒業する[1]1915年(大正4年)福岡県糸島郡視学に任じ、ついで同県嘉穂郡視学、福岡県属、同県遠賀郡長、地方事務官などを歴任する[1]

1927年(昭和2年)推挙され直方町長に就任し、1931年(昭和6年)2月5日、直方市長となり、1941年(昭和16年)まで3期務めた[1][2]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]