勝鬘寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
勝鬘寺
Okazaki-Shomanji-2.jpg
所在地 愛知県岡崎市針崎町朱印地3
位置 北緯34度55分7.40秒
東経137度9分16.91秒
座標: 北緯34度55分7.40秒 東経137度9分16.91秒
山号 和田山、寂光山
宗派 真宗大谷派
本尊 阿弥陀如来
創建年 1256年康元元年)または
1258年正嘉2年)
文化財 仮名書阿弥陀経、境内地
公式HP 真宗大谷派 勝鬘寺 公式サイト
地図
勝鬘寺の位置(愛知県内)
勝鬘寺
法人番号 8180305000224
テンプレートを表示

勝鬘寺(しょうまんじ)は、愛知県岡崎市針崎町にある真宗大谷派寺院。山号は和田山、寂光山。本尊阿弥陀如来

概要[編集]

伝承によれば本寺の起源は2説ある。一つは1256年康元元年)、顕智親鸞の弟子真仏に師事した)に帰依した権守法名円善の嫡子袈裟太郎法名信願が碧海荘赤渋(現・岡崎市赤渋町)に建立した道場を始まりとするもの。もう一つは1258年正嘉2年)、親鸞の矢作説法を聴聞して天台宗から改宗した信願房了海が建立した道場を始まりとするもの。どちらにせよ本寺は三河国における最初の真宗道場とされる。

15世紀の中頃、本願寺綽如上人の血脈分流にあたる了顕が9世住職として入寺してから隆盛をきわめる。1496年明応5年)に水害に見舞われ、現在地に移った。

1563年永禄6年)から1564年(永禄7年)にかけて三河一向一揆が起こる。本寺においては蜂屋半之丞らがたてこもり徳川家康と争ったが、数ヶ月にして敗れた。大伽藍も兵火のため消失した。一揆敗北後、13世住職了意は信濃国井上に逃れたが、1585年天正13年)10月に還住を認められた。

徳川家光1636年寛永13年)から1648年慶安元年)にかけて岡崎の18の寺院に対し朱印発給を行ったが、勝鬘寺と東本願寺宗派の上宮寺は対象から除かれた[1]

1685年貞享2年)6月11日徳川綱吉から朱印地と認められた。東西分派では東派に属し、三河触頭三ヶ寺の一つとなった。現在の本堂は1734年享保19年)の大修理の際に瓦葺に改められ再建されたものである。

1896年(明治29年)4月17日創立の愛知県第二尋常中学校(現・愛知県立岡崎高等学校)は、最初は本寺を校舎とした。

境内には白鳩保育園(1953年創立)という保育園がある。

文化財[編集]

以下の物件が市の指定文化財に指定されている[2]

指定名称 種別 指定年月日 所在地
仮名書阿弥陀経 書跡 1960年(昭和35年)3月10日 岡崎市美術博物館
勝鬘寺境内地 史跡 1962年(昭和37年)6月15日 勝鬘寺

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『新編 岡崎市史 近世 3』新編岡崎市史編さん委員会、1992年7月1日、118-120頁。
  2. ^ 岡崎市指定文化財目録 | 岡崎市ホームページ

参考文献[編集]

  • 『新編 岡崎市史 総集編 20』新編岡崎市史編さん委員会、1993年3月15日、195頁。
  • 『岡崎 史跡と文化財めぐり』岡崎市役所、2003年1月1日、162-163頁。