村主 (カバネ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

村主または(すぐり)は、ヤマト政権のもとで行われた(かばね)の一つ。「主村」とも記す。

概要[編集]

「族長」を意味する古代朝鮮語[1]に由来し、村落団体の首長が任命されたの地方官職名か、あるいは朝鮮系漢人(あやひと)集団の統率者の敬称だと言われている。韓・漢からの帰化人渡来人)系中小豪族に与えられ、5 - 6世紀に形成された技術を用いる漢人集団の統率者の敬称が、7世紀後半以降に姓(かばね)へと転換していったもののようである。 「村主」姓氏族のすべてが帰化人(渡来人)の後裔であり、漢氏系がもっとも多い。「坂上系図]に引用されている「新撰姓氏録」第23巻の逸文には、高向村主・桑原村主など、応神天皇の時代に阿知使主とともに渡来したとされる30の村主氏族が載せられている。

「村主」が東漢氏系列の氏族の姓であるのに対して、「勝」は秦氏の支配下にあった首長に与えられたものであり、『日本書紀』には、雄略天皇15年に秦氏の民が「」・「」に恣意的に使役されていることを秦酒公が嘆いたため、天皇が秦の民を解放して酒公に下げ渡し、そのお礼にと酒公は「百八十種勝(ももあまりやそのすぐり」を率いて、調の絹・縑(かとり)を奉って、朝廷に積み上げた、という伝承[2]が掲載されている。

天武天皇13年10月(684年)に八色の姓が制定され、制度としての「村主」姓は消滅した[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 古代朝鮮語「スキ(村)」・「ニリム(主)」より。村をスキと読む例は、他に白村江(はくすきのえ)の戦いがある。
  2. ^ 『日本書紀』雄略天皇15年条
  3. ^ 『日本書紀』巻第二十九、天武天皇13年10月1日条

参考文献[編集]

関連項目[編集]