匂坂春平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

匂坂 春平(さきさか しゅんぺい 1883年(明治16年)1月30日1953年(昭和28年)8月19日)は、大日本帝国陸軍法務官(1942年以降は陸軍法務科将校)。最終階級は陸軍法務中将五・一五事件二・二六事件に関する軍法会議において主席検察官を務めた。

匂坂が残した軍法会議の裁判資料630点は、息子の哲郎により自宅で保管されていたが、1987年になって初めて公表され、澤地久枝らの校訂により角川書店から全8巻が出版された。また1988年NHK特集『二・二六事件 消された真実―陸軍軍法会議秘録』(ディレクターは中田整一)において、その内容が紹介された。

匂坂が残した資料は、現在は国立国会図書館に譲渡・保管されている。

略歴[編集]

  • 1883年 静岡県に出生。
  • 1904年 明治法律学校を卒業し、司法官試補となる。
  • 1932年 第1師団法務部長
  • 1933年 法務局局員
  • 1936年 兼東京陸軍軍法会議法務官
  • 1938年 関東軍法務部長
  • 1942年 法務訓練所長
  • 1945年 4月、予備役
  • 1947年 公職追放[1]
  • 1953年 自宅で脳溢血により死去

脚注[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 公職追放の該当事項は「勅任陸軍法務官」。(総理庁官房監査課編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』 日比谷政経会、1949年、285頁。NDLJP:1276156  同書には「勾坂春平」と表記されている)

参考文献[編集]

  • 北博昭「匂坂春平」『近現代日本人物史料情報辞典 第2巻』吉川弘文館、2005年。
  • 中田整一『盗聴 二・二六事件』文藝春秋、2007年。

関連文献[編集]

  • 澤地久枝『雪はよごれていた - 昭和史の謎二・二六事件最後の秘録』日本放送出版協会、1988年。