包頭駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
包頭駅
包头
Baotou
所在地 内モンゴル自治区包頭市ホンドロン区
所属事業者 中華人民共和国鉄道部
管轄鉄路局 フフホト鉄路局
等級 一等駅
旧名 潭駅
所属路線 京包線包蘭線
包白線、包神線、包西線
駅構造 地上駅
ホーム 単式、島式3面5線
開業年月日 1956年
テンプレートを表示
包頭駅
各種表記
繁体字 包頭站
簡体字 包头站
拼音 Bāo​tóu​ Zhàn
発音: バオトウ ヂャン
英文 Baotou Railway Station
テンプレートを表示

包頭駅(ほうとうえき/バオトウえき)は中華人民共和国内モンゴル自治区包頭市ホンドロン区にある中国国鉄フフホト鉄路局が管轄するである。

駅構造[編集]

単式ホーム1面、島式ホーム2面を持つ地上駅である。

所属路線[編集]

  • 中国国鉄
    • 京包線北京駅起点から808km北京西駅から832km、本駅が終点
    • 包蘭線:本駅が起点、蘭州駅終点まで979km
    • 包白線:包頭東駅起点より京包線と共用で16km、包頭西駅まで包蘭線と共用、バヤンオボ駅終点まで159km
    • 包神線:本駅が起点、万水泉駅まで京包線と共用、神木駅終点まで362km
    • 包西線:本駅が起点、新豊鎮駅終点まで864km

利用状況[編集]

本駅は京包線、包蘭線、包白線、包神線、包西線の旅客貨物を扱う一等駅で、各種別を含め2010年3月現在、毎日60本弱の旅客列車が発着する[1]

歴史[編集]

隣の駅[編集]

中国国鉄
京包線
包頭東駅 - 万水泉駅 - 包頭駅
包蘭線
包頭駅 - 包頭西駅 - 打拉亥駅
包西線
包頭駅 - 包頭南駅 - ダラト西駅
包白線
包頭東駅 - 万水泉駅 - 包頭駅 - 包頭西駅 - 包頭北駅
包神線
包頭駅 - 万水泉駅 - 万水泉南駅

出典[編集]

座標: 北緯40度36分18秒 東経109度49分49秒 / 北緯40.60500度 東経109.83028度 / 40.60500; 109.83028