化け古下駄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
妖怪かるた「げたのばけもの」の絵札[1]

化け古下駄(ばけふるげた)または化けた古下駄(ばけたふるげた)は、日本の妖怪の一つで、下駄が古くなって変化した妖怪[2][3]

概要[編集]

宮城県に伝承される民話として、以下のものがある。

陸前国寒風澤(現・宮城県塩竈市寒風沢島)でのこと。夜になると町中を「鼻いでえ、鼻いでえ。(鼻が痛い、鼻が痛い。)」と言いながら歩く者がいた。あるときに若者たちが、何者か確かめようと夜の町に出た。しかし声がするだけで姿が見えなかった。若者の1人は素性をつきとめようと声を追った。近くの藪からざわめき声が聞こえるので近寄ると、人間とは異なる声で歌い踊る声が聞こえ、その声は自分たちを「下駄」「蓑」「太鼓」「割籠」などと呼んでいた。恐怖を感じた若者は、そのまま家へ逃げ帰った。翌日、その若者が仲間たちに事情を話してその薮へ行ってみると、海から打ち上げられた蓑、太鼓、割籠などが散らばっており、その中に鼻の欠けた下駄があった。あの鼻を痛がる者の正体はこの下駄かと睨んだ若者たちは、下駄などをその場で焼き捨てた。以来、あの鼻を痛がる者は現れず、薮の中から歌い踊る声も聞こえなくなったということである[4]

佐々木喜善の著書『聴耳草紙』にも履物の化け物が登場し、この履物が下駄であることが推察されているが[5]、化け古下駄と同一のものかは不明。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 多田克己編 『江戸妖怪かるた』 国書刊行会1998年、38頁。ISBN 978-4336041128。
  2. ^ 水木しげる妖鬼化』5、Softgarage2004年、53頁。ISBN 978-4-86133-027-8。
  3. ^ 多田克己 『幻想世界の住人たち』IV、新紀元社〈Truth in fantasy〉、1990年、303頁。ISBN 978-4-915146-44-2。
  4. ^ 巌谷小波編 『大語園』第7巻、名著普及会、1935年、580-590頁。
  5. ^ 村上健司編著 『妖怪事典』 毎日新聞社2000年、268-269頁。ISBN 978-4-620-31428-0。

関連項目[編集]