化ケモノ青年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
化ケモノ青年
エレファントカシマシシングル
B面 生きている証
リリース 2004年3月10日
ジャンル ロック
レーベル 東芝EMI
プロデュース 宮本浩次
チャート最高順位
エレファントカシマシ シングル 年表
俺の道
ハロー人生!!
生命賛歌
(2003年)

化ケモノ青年
(2004年)

友達がいるのさ
(2004年)
テンプレートを表示

化ケモノ青年」(ばけものせいねん)は、エレファントカシマシの32ndシングル

内容[編集]

宮本浩次メロディ先行でレコーディングを行うが、そのメロディが完成した際、ボーカルの歌入れの際に仮歌として冗談で歌った歌詞がスタッフにも受け、そのまま作品化された曲である。宮本自身は思いつきで歌った仮歌が作品化されることに対し当初は違和感を示していたが、「演奏と共に何も考えずに出る歌詞は、その当時のテンションがそのまま反映されている」とインタビューで回顧している。またその際のインタビューで渋谷陽一は「シンプルな構造の楽曲だけれど、まるでメロディが3種類も4種類もあるように感じる。それがすごくおもしろい」と述べている。

プロモーションビデオは是枝裕和プロデュースのドキュメンタリーフィルム「扉の向こう」の一場面が使用されている。

また日本テレビ系列の『松本紳助』のエンディングテーマとして使用された。

収録曲[編集]

  1. 化ケモノ青年
    作詞・作曲:宮本浩次 編曲:エレファントカシマシ
  2. 生きている証
    作詞・作曲:宮本浩次

関連項目[編集]