北ノ國仁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

北ノ國 仁(きたのくに ひとし、本名:斎藤 仁(さいとう ひとし)、1938年1月15日 - )は、1960年代半ばに活躍した北海道札幌市西区出身の大相撲力士立浪部屋に所属していた。現役時代の体格は178cm、124kg。得意手は左四つ、寄り。最高位は東前頭10枚目(1964年7月場所)[1]

来歴・人物[編集]

17歳の時に立浪部屋の世話人・中ノ島からスカウトを受け、家族らの反対を押し切って角界入り。1956年1月場所で初土俵を踏み、同年5月、「立ノ花」の四股名序ノ口に付いた[1]

以来、順調に番付を上げ、1962年5月場所で新十両に昇進。そして、1964年5月場所で新入幕を果たした(その間、「立ノ花」→「立乃花」→「大國」→「北ノ國」と3度改名している)[1]。少なくとも戦後では初の札幌市出身の関取であり、幕内力士としても戦後初の札幌市出身者。

しかし、生来の気の弱さが災いして大成できず、幕内在位は通算8場所に留まった。幕内で勝ち越したのは、新入幕の場所と1966年3月場所の2場所だけである。

現役晩年は幕下3枚目まで陥落し、1968年3月場所を以って、30歳で廃業[1]。同場所では4勝3敗と勝ち越し、最後の意地を見せている。

廃業後は帰郷し、札幌市内で相撲料理の店を経営した[1]

主な成績・記録[編集]

  • 通算成績:401勝360敗24休 勝率.527
  • 幕内成績:52勝68敗 勝率.433
  • 現役在位:71場所
  • 幕内在位:8場所

場所別成績[編集]

北ノ國 仁
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1956年
(昭和31年)
(前相撲) (前相撲) 東序ノ口15枚目
4–4 
x 西序二段92枚目
3–5 
x
1957年
(昭和32年)
東序二段92枚目
7–1 
西序二段30枚目
6–2 
西三段目99枚目
5–3 
x 東三段目55枚目
3–5 
東三段目60枚目
休場
0–0–8
1958年
(昭和33年)
東三段目81枚目
5–3 
東三段目65枚目
7–1 
西三段目29枚目
5–3 
東三段目15枚目
4–4 
東三段目13枚目
休場
0–0–8
西三段目31枚目
5–3 
1959年
(昭和34年)
東三段目23枚目
5–3 
西三段目10枚目
休場
0–0–8
西三段目38枚目
6–2 
西三段目24枚目
4–4 
西三段目22枚目
6–2 
東幕下72枚目
5–3 
1960年
(昭和35年)
西幕下58枚目
5–3 
東幕下45枚目
6–2 
西幕下29枚目
5–3 
西幕下21枚目
2–5 
東幕下35枚目
5–2 
東幕下25枚目
4–3 
1961年
(昭和36年)
西幕下24枚目
5–2 
東幕下16枚目
5–2 
西幕下9枚目
5–2 
西幕下4枚目
2–5 
西幕下9枚目
4–3 
西幕下6枚目
2–5 
1962年
(昭和37年)
西幕下12枚目
5–2 
西幕下4枚目
6–1 
西十両14枚目
8–7 
東十両9枚目
5–10 
西十両13枚目
8–7 
西十両10枚目
8–7 
1963年
(昭和38年)
東十両5枚目
4–11 
東十両13枚目
8–7 
東十両8枚目
7–8 
東十両11枚目
8–7 
東十両8枚目
6–9 
西十両10枚目
9–6 
1964年
(昭和39年)
東十両3枚目
8–7 
西十両2枚目
11–4 
西前頭13枚目
8–7 
東前頭10枚目
5–10 
西前頭14枚目
7–8 
西十両筆頭
9–6 
1965年
(昭和40年)
西前頭14枚目
6–9 
西十両3枚目
11–4 
東十両筆頭
3–12 
東十両10枚目
7–8 
西十両11枚目
9–6 
東十両7枚目
9–6 
1966年
(昭和41年)
西十両4枚目
10–5 
西前頭14枚目
9–6 
東前頭11枚目
6–9 
西前頭14枚目
7–8 
東前頭15枚目
4–11 
東十両4枚目
9–6 
1967年
(昭和42年)
西十両2枚目
9–6 
東十両2枚目
8–7 
東十両3枚目
7–8 
西十両4枚目
7–8 
西十両5枚目
7–8 
西十両6枚目
5–10 
1968年
(昭和43年)
西十両11枚目
4–11 
東幕下3枚目
引退
4–3–0
x x x x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

改名歴[編集]

  • 立ノ花(たつのはな、1956年5月場所-1958年11月場所)
  • 立乃花(たつのはな、1959年1月場所-同年7月場所)
  • 大國 仁(おおくに ひとし、1959年9月場所-1963年7月場所)
  • 北ノ國 仁(きたのくに ひとし、1963年9月場所-1968年3月場所)

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(4) 立浪部屋』p27

関連項目[編集]