北九州大学短期大学部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
北九州大学短期大学部
大学設置 1951年
創立 1950年
廃止 1960年
学校種別 公立
設置者 小倉市[1]
本部所在地 福岡県小倉市北方[2]
学部 英語商業科第二部
テンプレートを表示

北九州大学短期大学部(きたきゅうしゅうだいがくたんきだいがくぶ)は、福岡県小倉市北方[2]に本部を置いていた日本公立大学である。1951年に設置され、1960年に廃止された。学生募集は1956年度まで、1957年度より北九州大学夜間部[3]の設置により短期大学は学生募集され、1960年8月16日 廃止される[4]

概要[編集]

大学全体[編集]

  • 北九州大学短期大学部は、北九州外国語大学が新制大学として設置された後の1951年、別科を発展改組して北九州外国語大学短期大学部として大学に併設された。英語商業科のみの単科短大となっていた。

教育および研究[編集]

  • 北九州大学短期大学部は、英語を通じて商業貿易に関する専門知識や教養を培うことのねらいから英語商業科を設置していた。

学風および特色[編集]

  • 北九州大学短期大学部は、勤労者に対する高等教育の重要性から夜間部の授業が行われていた。

沿革[編集]

  • 1950年 北九州外国語大学別科2部を設置。
  • 1951年 北九州外国語大学短期大学部(きたきゅうしゅうがいこくごだいがくたんきだいがくぶ)として開学。英語商業科II部を置く。
  • 1953年 北九州大学短期大学部と改称。
  • 1956年度をもって学生募集を最終とする。
  • 1960年8月16日 廃止される[4]

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 福岡県小倉市北方[2]

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

  • 英語商業科第二部

専攻科[編集]

  • なし

別科[編集]

  • なし

取得資格について[編集]

年度別学生数[編集]

  • 1954年度についてはその年度(月日は不詳だが、1955年3月以前のデータ)、1958年度以降の学生数はその該当年度の5月1日時点でのデータである。
- - 出典
入学定員 80
総定員 160
1954年 198
17
[6]
1955年 - 1957年 不明 [7]
1958年 26
0
[8]
1959年 - [9]

大学関係者一覧[編集]

大学関係者[編集]

  • 大島直治:当時、北九州外国語大学ならびに北九州大学の学長と兼任。

施設[編集]

キャンパス[編集]

  • 設備:大学の学部と同じキャンパスを使用していた。正門を向いて左側に「北九州大学短期大学部」の学名が記された縦に細長い看板が掲げられていた[10]
現在の北九州市立大学キャンパス

卒業後の進路について[編集]

就職について[編集]

  • 勤労学生が多かったこともあり、就職希望者は少なく卒業後も現職を継続する学生が多かったものとみられる。ただし、教職課程が設置されていたことから教職に就いた人もいたものとみられる。

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 現在は北九州市
  2. ^ a b 現在は、福岡県北九州市小倉南区北方四丁目2番1号
  3. ^ ただし、二部は2009年度より学生募集が停止されている。
  4. ^ a b 平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』254頁
  5. ^ 教員養成課程認定大学短期大学一覧』(1955年)50頁より
  6. ^ 昭和30年度版『全国学校総覧』1372頁(以下、『総覧』と略する。)
  7. ^ この年度における『総覧』が存在しないため。
  8. ^ 昭和34年度版『総覧』17頁
  9. ^ 昭和35年度版『総覧』15頁
  10. ^ 『北九州大学50年史』の写真より

関連項目[編集]

関連サイト[編集]