北九州市ルネッサンス構想

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

北九州市ルネッサンス構想(きたきゅうしゅうしルネッサンスこうそう)は、福岡県北九州市市制施行および政令指定都市移行25周年を迎えた1988年昭和63年)に策定した都市政策。1987年(昭和62年)に3代目市長に就任した末吉興一が中心となり、翌年12月に策定。2006年平成18年)を最終目標とした(部門別計画の目標年次)。「水辺と緑とふれあいの“国際テクノロジー都市”へ」を基調テーマとした都市再生計画である。

磯村英一東京都立大学教授(当時)の「多核都市論」に基き、旧5市の均衡発展を目指してきた従前の政策から、当構想により小倉駅地図)を中心とした小倉都心小倉北区)と、黒崎駅地図)を中心とした黒崎副都心八幡西区)の両極を中心とした「集中型都市」へと大規模に政策転換したことで知られる[1]

経緯[編集]

1963年昭和38年)に小倉市地図)、門司市地図)、戸畑市地図)、八幡市地図)、若松市地図)の5市が合併して北九州市が誕生した。しかし1960年代以降の石炭から石油へのエネルギーの転換による筑豊炭田閉山の影響や、八幡製鐵所などを中心とした重工業の停滞に対して、産業構造の転換が遅れていた。そのため1986年(昭和61年)当時、重工業は円高不況による構造不況業種といわれ、北九州市の経済は沈滞していた。

旧5市の人口比も合併後に変化し、人口が増加している小倉区八幡区(両区は1974年に各々分区)に対して、門司区戸畑区若松区は人口が減少するという二極化が進んでいた。

目指す5つの都市像[編集]

  1. 緑とウォーターフロントを生かした快適居住都市
  2. 健康で生きがいを感じる福祉・文化都市
  3. あすの産業をはぐくむ国際技術情報都市
  4. 海にひろがるにぎわいの交流都市
  5. 未来をひらくアジアの学術・研究都市

これらを基に、鉄道空港海運等のインフラ整備、環境重視政策、商業復興のための施設建設、大学等の教育研究施設の誘致、高齢者障害者等の福祉などの政策を打ち出した。

各計画時期後毎の実施計画[編集]

第一次実施計画[編集]

平成元年度 - 平成5年度(1989年 - 1994年)。ルネッサンス構想の最初の具体的実施計画。21世紀を目指した街づくりの基礎計画。

これらを中心として、高齢者福祉、国際化、学術研究等の政策を策定した。

第二次実施計画[編集]

平成6年度 - 平成10年度(1994年 - 1999年)。活気に満ち、市民が実生活で豊かさを実感できる街づくり。

第三次実施計画[編集]

平成11年度 - 平成15年度(1999年 - 2004年)。北九州市を「再生」から「浮揚」へと導き、「21世紀都市北九州―北九州新時代」を築くための指針づくり。

  • 環境未来都市の創造に向けて - 資源巡回型都市づくり、市民とともに進める未来都市づくり
  • 少子高齢化社会モデル都市の創造に向けて - 子育て支援体制や障害者政策の推進、地域福祉のネットワークづくり
  • 教育・文化充実都市の創造に向けて - 学校教育・生涯教育の骨子、北九州芸術劇場の建設
  • 産業・頭脳未来都市の創造に向けて - 大学研究機関の誘致、IT関連企業の支援、中小企業への経営環境の整備
  • 交流・物流拠点都市の創造に向けて - 新・北九州空港の整備、国際ビジネスパートナー都市連携の推進
  • 地域・生活充実都市の創造に向けて
第三次実施計画・改訂

平成16年度 - ・平成17年度(2004年 - 2006年)第三次実施計画を踏まえ、北九州市ルネッサンス構想の総仕上げに向けた政策づくり。

紫川マイタウン・マイリバー整備事業[編集]

紫川。左手前は北九州市庁舎、左奥はリバーウォーク北九州

北九州市ルネッサンス構想の事業の1つ。紫川は北九州市を流れる二級河川1970年(昭和45年)頃までは工業排水・生活排水の流入により水質汚濁が進み、悪臭が漂う河川だった。下水道の普及と、市民や行政が一体となった浄化運動により、現在はアユシロウオ、さらに上流ではホタルの生息が確認できるまで回復した。

1987年(昭和62年)、旧建設省が「マイタウン・マイリバー整備事業」を創設。1988年(昭和63年)に紫川が事業対象に認定。治水対策や、交通渋滞解消・歩行者の快適性向上等のため、紫川下流の橋をなどをテーマとして、順次架け替え新設した。

また、一部川幅の拡幅を行い、リバーウォーク北九州に近接する紫川護岸を整備し親水施設を造成した。川沿いにあった井筒屋小倉店の別館・事務館を移転し、井筒屋と北九州市によりレストラン街「紫江’s(しこうず)」と水環境館が一体となった施設を建築した。

さらに、地元出身の文豪松本清張文学館松本清張記念館」、小倉城庭園、リバーウォーク北九州の建設・整備を行なった。

問題点と課題[編集]

商業施設閉鎖前のコムシティ(2007年撮影) 商業施設閉鎖前のコムシティ(2007年撮影)
商業施設閉鎖前のコムシティ(2007年撮影)

主として経済の回復と浮揚を目的とした構想であったが、計画が長期間に及んだため、1980年代後半から1990年前半にかけてのバブル景気とその後のバブル崩壊2000年代前半までの平成不況失われた10年)の影響を大きく受けることとなった。さらに2000年代後半以降も2008年リーマン・ショックなどによる長期不況が続いたため(失われた20年)、計画終了後も不況などの影響を受け、当初の目論見どおりには進んでいない。

プロジェクト始動には注力したが、事業採算の見通しや事業継続の仕組み作りに問題があったことなどから、施設を運営する第三セクターの経営破綻などにより、多くの不良債権を残すことになった。

また、2大地区として小倉都心・黒崎副都心と明確に位置付けられたが、黒崎副都心計画は事業予算で大きく水をあけられ、計画が後手後手となった。黒崎そごう撤退後は、八幡西区若松区など北九州市西部では経済が郊外型に変化して沈滞し、2018年現在も回復していない。さらに駅前偏重の都市開発という課題も出ている。

響灘黄海圏ハブポート構想を掲げ、北九州港にひびきコンテナターミナル等を整備したが[4]政府港湾政策が三大都市圏東京港横浜港大阪港神戸港名古屋港四日市港)を強化する方針に転換し、コンテナターミナルとしても福岡市博多港コンテナターミナルや、同じ北九州市の太刀浦コンテナターミナル(門司区)に水をあけられた状態となっている。

整備・誘致された施設[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 第2章 都市構造の再編 (PDF) (北九州市ルネッサンス構想評価研究報告書)
  2. ^ 昭和35年国勢調査(政府統計の総合窓口)
  3. ^ 昭和60年国勢調査(政府統計の総合窓口)
  4. ^ ひびきコンテナターミナル 事業概要|北九州港湾・空港整備事務所”. 国土交通省九州地方整備局 港湾事業部. 2020年6月17日閲覧。

関連項目[編集]