北九州市立桃園球場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
北九州市立桃園球場
Kitakyushu Momozono Baseball Stadium
Momozono stadium.JPG
施設データ
所在地 福岡県北九州市八幡東区桃園4-1
開場 1950年
グラウンド 内野:
外野:土
照明 なし
収容能力
10,500人
グラウンドデータ
球場規模 グラウンド面積:14,365m2
両翼:100 m、中堅:125 m

北九州市立桃園球場(きたきゅうしゅうしりつももぞのきゅうじょう)は、福岡県北九州市八幡東区桃園の桃園公園内にある野球場である。

高校野球の福岡県(北部)大会などでも利用されている。指定管理者スピナ

プロ野球開催実績[編集]

公式戦
試合日 ホームチーム スコア ビジターチーム
1950年3月14日 大洋ホエールズ 4-5 松竹ロビンス
1950年3月15日 西日本パイレーツ 6-3 読売ジャイアンツ
1950年5月30日 大洋ホエールズ 3-2 西日本パイレーツ
1950年8月14日 西鉄クリッパース 3-0 東急フライヤーズ
1950年11月4日 大映スターズ 0-3 西鉄クリッパース

オープン戦

主なエピソード[編集]

  • 1950年3月14日の大洋対松竹が公式戦の球場開き。この日にまるは球団が大洋ホエールズに改称する。さらに、大洋球団結成第一号の本塁打を長持栄吉が、真田重蔵から放っている。

施設概要[編集]

  • 両翼:100m
  • 中堅:125m
  • 照明設備:なし
  • 収容人数:10,500人
中堅125m、両翼100mあり、同心円状に円弧を描く膨らみのある左中間右中間で三塁打が多く出る球場である。ファウルグラウンドも広く、一塁線三塁線の打球が三塁打となることも多々ある。外野も土なので球足も速い。

所在地[編集]

  • 福岡県北九州市八幡東区桃園4-1

交通[編集]

駐車場が少ないので公共の交通機関利用が望まれる。

周辺施設[編集]

関連項目[編集]