北京服装学院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

北京服装学院(ペキンふくそうぶんかがくいん、英:Beijing Institute of Fashion Technology, 通称BIFT, 北服)は、中華人民共和国北京市朝陽区にある全日制の高等教育機関である。国内で唯一「服装」を名前に含む学校で、芸術、工学、経済学、経営学、その他の特徴ある学科が設置されている。1959年に北京紡織工学院として創立され、1961年に北京化学繊維工学院、1987年に北京服装学院へと改称・拡張し、1998年には中国紡織工業部によって北京市の管轄下に入った。

「革新による知識の現実的応用(是创新、学以致用)」を校是としており、「芸術教育と工学教育、経営教育の結合、民族服飾文化と現代デザイン理念の結合、教育理論と実践の結合」を目指した現代ファッションのカリキュラムを実現している。現在、約8,000人の在学生と教職員700名が在籍している。

沿革[1][編集]

  • 1959年:中国紡績工業部管轄の北京紡績工学院が創立される。
  • 1964年:北京化学繊維工学院に改称。
  • 1971年:北京化工学院(現・北京化工大学)に併合される。
  • 1984年:北京化繊工学院として再独立する。
  • 1988年:北京服装学院に改称。
  • 1998年:紡績工業部により北京市の管轄下に入る。

学科構成[編集]

  • ファッション芸術・工学院(School of Fashion Art and Engineering)
  • 材料科学・工学院(School of Material Science and Engineering)
  • 美術・デザイン学院(School of Art and Design)
  • 商学院(School of Busineess)
  • 情報工学院(School of Information on Engineering)
  • 外国語系(Foreign Language Department)
  • 造形芸術学系(The Department of Plastic Arts)

著名な教員[編集]

  • 関琦 - ファッションデザイナー、2003年第53回ミス・ワールド第3位入賞者[2]

著名な卒業生[編集]

  • 周韋彤 - ファッションモデル、女優、司会者、歌手、グラビアアイドル
  • 関琦 - ファッションデザイナー、2003年第53回ミス・ワールド第3位入賞者[3]
  • 米露 - 女優、モデル

脚注[編集]

[脚注の使い方]