北伊佐郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
日本 > 九州地方 > 鹿児島県 > 北伊佐郡
鹿児島県北伊佐郡の位置

北伊佐郡(きたいさぐん)は、鹿児島県にあった

郡域[編集]

1887年明治20年)に行政区画として発足した当時の郡域は、伊佐市の大部分(菱刈各町・大口針持・大口曽木を除く)にあたる。

歴史[編集]

1.羽月村 2.大口村 3.山野村(紫:伊佐市 11・12は菱刈郡)

郡発足までの沿革[編集]

  • 明治初年時点では全域が薩摩鹿児島藩領であった。「旧高旧領取調帳」に記載されている、伊佐郡のうち後の本郡域の明治初年時点での村は以下の通り[1]。全域が現・伊佐市。(23村)
    • 大口郷(一部) - 里村、原田村、青木村、目丸村、大田村、牛尾村、淵辺村、平出水村、木ノ氏村、篠原村、小木原村、小川内村、渡田村
    • 羽月郷 - 鳥巣村、白木村、大島村、堂崎村、金波田村、下殿村、宮人村、川岩瀬村、田代村
    • 山野郷 - 山野村
  • 明治2年(1869年) - 大口郷・羽月郷・山野郷が合併し牛山郷となる。
  • 明治4年7月14日1871年8月29日) - 廃藩置県により鹿児島県の管轄となる。
  • 明治9年(1876年) - 渡田村が小木原村に合併。(22村)
  • 明治12年(1879年2月17日 - 郡区町村編制法の鹿児島県での施行により、行政区画としての伊佐郡が発足。「宮之城郡役所」が管轄。
  • 明治14年(1881年7月28日 - 「隈之城郡役所」の管轄となる。

郡発足以降の沿革[編集]

  • 明治20年(1887年5月9日 - 伊佐郡のうち牛山郷の区域をもって北伊佐郡が発足[2]。「牛山郡役所」が管轄。
  • 明治22年(1889年4月1日 - 町村制の施行により、以下の各村が発足。(3村)
    • 羽月村 ← 鳥巣村、川岩瀬村、大島村、堂崎村、宮人村、田代村、白木村、金波田村、下殿村
    • 大口村 ← 里村、原田村、大田村、牛尾村、木ノ氏村、目丸村、青木村、篠原村
    • 山野村 ← 山野村、小木原村、平出水村、小川内村、淵辺村
  • 明治30年(1897年)4月1日 - 郡制の施行のため、「牛山郡役所」が管轄する菱刈郡・北伊佐郡の区域をもって伊佐郡が発足[3]。同日北伊佐郡廃止。

脚注[編集]

  1. ^ 郷については「角川日本地名大辞典」による。
  2. ^ 鹿兒島縣下分郡ノ件(明治20年勅令第7号、Wikisource-logo.svg 原文
  3. ^ 鹿兒島縣下國界竝郡界變更及郡廢置(明治29年法律第55号、Wikisource-logo.svg 原文

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
伊佐郡
行政区の変遷
1887年 - 1897年
次代:
伊佐郡