北信越チャレンジリーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

北信越チャレンジリーグ(ほくしんえつチャレンジリーグ)は、毎年秋に北信越地方で行われる日本の社会人サッカーの大会であり、北信越地方5県の都道府県リーグ1部から翌年の北信越フットボールリーグ2部への昇格決定戦である。

大会概要[編集]

北信越地方5県の社会人サッカー1部リーグ(新潟富山石川福井長野)の各1位チームが参加して地域優勝を争う「北信越サッカー県リーグ決勝大会」を前身として、2005年度に創設された。このため、大会の回数は県リーグ決勝大会のものを引き継いでいる。

参加チーム[編集]

北信越地方5県の社会人1部リーグの各1位チーム、計5チームが出場する。

2013年度から2015年度までは、各1部リーグ2位のチームが参加する北信越サッカーチャレンジトーナメント(前年までの北信越日本海リーグ)の優勝チームが、ワイルドカードとして出場資格を得られるようになり、出場は6チームとなっていた。

大会方式[編集]

全5チームの総当たり戦を行う。試合会場は参加チームの持ち回りで開催され、1チーム4試合のうち2試合がホームゲームとなるよう調整される。1位・2位のチームは北信越フットボールリーグ2部に自動昇格となる。2008年度までは2位チームと北信越2部7位のチームとの入替戦が行われていた。

歴代結果[編集]

年度 優勝 準優勝 入替戦結果
28 2005 丸岡フェニックス (福井1位) LionPower小松 (石川1位) ジョカトーレ高岡SCに3-0で勝利し昇格
29 2006 CUPS NIIGATA (新潟1位) 大原学園JaSRA SC (長野1位) LionPower小松に2試合合計5-0で勝利し昇格
30 2007 日精樹脂工業サッカー部 (長野1位) 新潟医療福祉大学 (大学連盟) テイヘンズFCに2試合合計3-2で勝利し昇格
31 2008 テイヘンズFC (石川1位) 福井KSC (福井1位) 丸岡フェニックスに2試合合計2-3で敗れ残留