北前船始末

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
北前船始末
緒方洪庵・浪華の事件帳(二)
著者 築山桂
発行日 2002年9月15日
発行元 鳥影社
ジャンル 連作中編小説
時代小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 上製本
ページ数 354
前作 禁書売り 緒方洪庵・浪華の事件帳
公式サイト tsukiyama-kei.jp
コード ISBN 978-4-88629-690-0
ISBN 978-4-575-66366-2(文庫判
ISBN 978-4-575-66883-4(文庫・新装判)
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

北前船始末』(きたまえぶねしまつ)は、築山桂による日本の短編時代小説集。『緒方洪庵・浪華の事件帳』シリーズ第2作。

4編の中編小説からなり、幕末期の大阪を舞台に緒方章を主人公とした事件を描いている。

2002年9月、鳥影社ロゴス企画部発行。装幀は野村美枝子。カバー装画には2代歌川広重の「越前三国乃大湊」(三国町郷土資料館所蔵)が用いられている。ISBN 4-88629-690-4

文庫版は、2009年1月、双葉社双葉文庫より刊行された。ISBN 978-4-5756-6366-2

収録各話[編集]

関連項目[編集]