北助松駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
北助松駅
難波方面の駅舎(2018年5月撮影)
難波方面の駅舎(2018年5月撮影)
きたすけまつ
KITASUKEMATSU
NK17 高石 (1.1km)
(1.0km) 松ノ浜 NK19
所在地 大阪府泉大津市東助松町一丁目11番1号
駅番号 NK 18
所属事業者 南海電気鉄道
所属路線 南海本線
キロ程 18.5km(難波起点)
電報略号 キスケ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
12,595人/日
-2017年-
開業年月日 1957年昭和32年)12月28日
テンプレートを表示
和歌山市方面の駅舎

北助松駅(きたすけまつえき)は、大阪府泉大津市東助松町一丁目にある南海電気鉄道南海本線である。

駅番号NK18

歴史[編集]

助松団地の誘致に伴い、最寄り駅として設置された。なお、助松団地は1961年(昭和36年)以降に順次供用されている。[1]

将来構想として、泉大津市が設置する「北助松駅周辺地区まちづくり事務所」での会議等において駅橋上化が発案されている[2]

  • 1957年(昭和32年)12月28日 - 高石町駅(現 高石駅) - 助松駅(現 松ノ浜駅)間に新設開業する。

駅構造[編集]

相対式2面2線のホームを持つ地平駅である。開業時点では上り線側のみ改札口があり改札内の連絡通路(踏切)を渡って下り線ホームと接続する構造であったが、後に改札口が上下ホーム毎に独立した形で設けられ、改札内の連絡通路は撤去された。なお、改札口は各ホームの難波駅寄りにある。トイレは上り線側の駅舎に設置されている。

のりば[編集]

のりば 路線 方向 行先
1 Nankai mainline symbol.svg 南海線 下り 和歌山市方面
Nankai airport line symbol.svg 空港線関西空港方面
2 Nankai mainline symbol.svg 南海線 上り なんば方面

利用状況[編集]

2017年(平成29年)度の1日平均乗降人員12,595人である。

近年の1日平均乗降人員数は下表の通り。

年度 1日平均
乗降人員
順位 出典
2000年(平成12年) 12,678 - [3]
2001年(平成13年) 12,271 - [4]
2002年(平成14年) 12,261 - [5]
2003年(平成15年) 12,212 - [6]
2004年(平成16年) 12,192 26位 [7]
2005年(平成17年) 12,136 - [8]
2006年(平成18年) 12,086 - [9]
2007年(平成19年) 12,411 - [10]
2008年(平成20年) 12,554 - [11]
2009年(平成21年) 12,158 - [12]
2010年(平成22年) 12,157 - [13]
2011年(平成23年) 12,150 23位 [14]
2012年(平成24年) 12,187 [15]
2013年(平成25年) 12,643 24位 [16]
2014年(平成26年) 12,313 23位 [17]
2015年(平成27年) 12,392 23位 [18]
2016年(平成28年) 12,442 23位 [19]
2017年(平成29年) 12,595 - [20]

駅周辺[編集]

北助松商店街 - 市道助松千原線
助松神社

駅の北側を横断する道路は「市道助松千原線[21]」と呼称されており、沿道に北助松商店街がある。歴史的には「布引の道」とも言われているが、これは聖神社の神様(信太大明神)が上陸した助松浜から信太郷まで移動した際に布を引いたという伝説にちなんでいる。[22]なお、この道路がおおむね泉大津市と高石市の境界になっており、同商店街も両市にまたがっている。

駅付近に公設の駐輪場は(有料・無料とも)無いが、民営の施設が複数運営されている。

文教施設[編集]

金融機関[編集]

主な商業施設[編集]

駅の北側を横断する道路沿いに北助松商店街がある。なお、この道路が泉大津市と高石市の境界になっており、同商店街は高石市と泉大津市にまたがっている。

コンビニエンスストアやドラッグストアも複数所在する。

その他[編集]

隣の駅[編集]

南海電気鉄道
Nankai mainline symbol.svg 南海本線
特急サザン・急行・空港急行・区間急行
通過
準急(難波行きのみ運転)・普通
高石駅 (NK17) - 北助松駅 (NK18) - 松ノ浜駅 (NK19)
  • 括弧内は駅番号を示す。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]