北千歳駐屯地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
北千歳駐屯地
所在地 北海道千歳市北信濃724番地
座標 北緯42度49分36秒 東経141度37分35秒 / 北緯42.82667度 東経141.62639度 / 42.82667; 141.62639座標: 北緯42度49分36秒 東経141度37分35秒 / 北緯42.82667度 東経141.62639度 / 42.82667; 141.62639
駐屯地司令 第1特科団長
開設年 1952年
テンプレートを表示

北千歳駐屯地(きたちとせちゅうとんち、JGSDF Camp Kita-Chitose)は、北海道千歳市北信濃724番地に所在し、第1特科団等が駐屯する陸上自衛隊駐屯地である。最寄の演習場は、北海道大演習場駐屯地司令は、第1特科団長が兼務。地元千歳市民からの呼び名は「北部隊」。

沿革[編集]

保安隊

  • 1952年(昭和27年)
    • 12月12日:戦後入植地を買収し、千歳駐屯地(29.1ha)を開設[1][2]。保安隊千歳臨時部隊が駐屯[3]
    • 12月15日:宇都宮駐屯地から独立第1特科群本部が移駐[4]
  • 1953年(昭和28年)5月:保安隊千歳臨時部隊を保安隊千歳駐屯部隊に改編。

陸上自衛隊 千歳駐屯地

  • 1954年(昭和29年)7月1日:陸上自衛隊に移管[5]

陸上自衛隊 北千歳駐屯地

  • 1954年(昭和29年)8月25日:北千歳駐屯地に改称[6]
    • 8月25日:第18普通科連隊本部及び本部中隊が北千歳駐屯地で編成完結。
    • 8月29日:第1普通科連隊第3大隊(福島駐屯地)が北千歳駐屯地に移駐し、第18普通科連隊に編入。
    • 10月30日:第18普通科連隊が真駒内駐屯地に移駐。
  • 1962年(昭和37年)
  • 1969年(昭和44年)3月25日:第125特科大隊(67式30型ロケット弾発射機装備)を新編。
  • 1992年(平成04年)3月27日:第125特科大隊を廃止し第1地対艦ミサイル連隊新編。
  • 2000年(平成12年)3月28日:後方支援体制移行に伴い、北部方面後方支援隊隷下部隊として第101特科直接支援大隊を新編。第7後方支援連隊第2整備大隊第1戦車直接支援中隊を新編。
  • 2019年(平成31年)3月2日:北部方面後方支援隊隷下部隊として第102弾薬大隊を新編。
  • 2020年(令和02年)3月26日:教育訓練研究本部隷下部隊として訓練評価支援隊を新編[7]

駐屯部隊[編集]

第7師団隷下部隊[編集]

北部方面隊隷下部隊[編集]

防衛大臣直轄部隊[編集]

最寄の幹線交通[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 千歳市と基地(平成21年度版)
  2. ^ 保安庁法施行令の一部を改正する政令(昭和27年12月1日政令第472号)”. 国立公文書館デジタルアーカイブ. 2017年2月14日閲覧。
  3. ^ http://www.city.chitose.hokkaido.jp/index.cfm/84,6763,130,296,html
  4. ^ 『波乱の半世紀 陸上自衛隊の50年』朝雲新聞社編集局、朝雲新聞社、2000年9月15日、250頁。ISBN 978-4750980157。
  5. ^ 自衛隊法施行令(昭和29年6月30日政令第179号)
  6. ^ 自衛隊法施行令の一部を改正する政令(昭和29年8月9日政令第235号)
  7. ^ 北海道新聞2018年12月26日の記事
  8. ^ 防衛省人事発令(1佐職:令和2年3月26日)