北原文雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

北原 文雄(きたはら ふみお、1920年 - )は、日本化学者。専門は、コロイド界面化学とその化学史。

略歴[編集]

長野県上伊那郡藤沢村(現・伊那市)出身。長野県諏訪中学校(現・長野県諏訪清陵高等学校)、第一高等学校理科乙類を経て、1942年東京帝国大学理学部化学科卒業。東京電気(現・東芝)入社。

1949年佐賀県小城石炭研究所入所。1952年東邦大学理学部助教授。1959年同大学教授。1961年ペンシルベニア州立大学研究員。1963年東京理科大学工学部工業化学科教授。同大学工学部長を経て、1995年同大学名誉教授。日本油化学会編集委員長、理事、副会長。日本化学会理事。日化誌編集委員長。コロイド及び界面化学部会部会長。色材協会理事、編集委員長。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『コロイドの話』培風館 1984年
  • 『界面・コロイド化学の基礎』講談社 1994年
  • 『界面活性剤の話』東京化学同人 1997年
  • 『コロイド化学史』サイエンティスト社 2017年

共著[編集]

  • 『界面電気現象』渡辺昌共編 共立出版 1972年
  • 『分散・乳化系の化学』古澤邦夫共著 工学図書 1979年
  • 『ゼータ電位-微粒子界面の物理化学』古澤邦夫、尾崎正孝、大島広行共著 サイエンティスト社 1995年