北口寛人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
北口 寛人
きたぐち ひろと
生年月日 (1965-08-28) 1965年8月28日(53歳)
出生地 日本の旗 日本 兵庫県明石市二見町
出身校 慶應義塾大学経済学部
前職 兵庫県明石市市長
現職 兵庫県議会議員
所属政党民主党→)
無所属
親族 父・北口進(兵庫県議会議員)
公式サイト 兵庫県議会議員 北口ひろと

選挙区 明石市選挙区
当選回数 3回
在任期間 1999年6月11日 - 2003年4月
2015年6月11日 - 2019年3月
2019年4月7日 - 現職

当選回数 2回
在任期間 2003年5月1日 - 2011年4月30日
テンプレートを表示

北口 寛人(きたぐち ひろと、1965年8月28日 - )は、日本政治家兵庫県議会議員(3期)、元兵庫県明石市長(2期)。

父親は元兵庫県議会議員の北口進。

来歴・人物[編集]

兵庫県明石市二見町出身。白陵高等学校慶應義塾大学経済学部卒業。1989年、三菱重工業に就職[1]

引退する父親の北口進の跡を継ぎ、1999年4月の兵庫県議会議員選挙に民主党公認で立候補し初当選[2]

明石市長の岡田進裕が明石花火大会歩道橋事故の責任をとり、2003年2月12日、市議会に4月30日付で辞職する旨の辞職願いを提出。これに伴い4月27日に行われた明石市長選挙に立候補し、元神戸新聞記者の松本誠ら新人3人を破って初当選した。投票率は50.92%[3]。2007年に再選。

2010年12月17日、市議会の問責決議を受ける。尾仲利治議員は「2006年12月定例市議会における退職金発言で市政に混乱を与えたこと」「明石淡路フェリーへの支援について、これまでの市議会での答弁が公文書と全く異なった発言であったこと」について責任があると議場で説明した[4]。同日の答弁で北口は翌年の市長選への不出馬を表明し、2期8年で退任した[5]

2015年、兵庫県議会議員選挙に無所属で立候補し、通算2期目の当選[6]。当選後、県議会の会派、自由民主党議員団に入団したが[7][8]、党兵庫県連の議員名簿には北口の名は記載されていない[9]

2018年12月19日、任期満了に伴う明石市長選挙に立候補する意向を表明[10]

2019年2月2日、泉房穂市長が職員への暴言を理由に辞職[11]。3月1日、泉の辞職に伴う出直し選挙に立候補する意向を改めて表明した[12]。同17日、投開票の結果大差で落選した[13]

市長選挙落選後、2019年4月7日実施の兵庫県議会議員選挙明石市選挙区に、無所属で出馬を表明。同選挙でトップ当選し、県議会に返り咲いた[14]

脚注[編集]

  1. ^ プロフィール | 兵庫県議会議員 北口ひろと
  2. ^ 兵庫県議選 平成11年 - 選挙マニア 選挙資料室
  3. ^ “兵庫県明石市長に元県議/花火大会事故の和解表明”. 四国新聞. (2003年4月27日). http://www.shikoku-np.co.jp/national/political/20030427000354 2019年1月30日閲覧。 
  4. ^ 北口寛人市長に対する問責決議 平成22年12月17日兵庫県明石市議会
  5. ^ “明石市長選 北口氏が出馬表明 「県議経験生かす」 /兵庫”. 毎日新聞. (2018年12月20日). https://mainichi.jp/articles/20181220/ddl/k28/010/330000c 2019年1月29日閲覧。 
  6. ^ 開票結果-道府県議選・兵庫県【統一地方選2015】:読売新聞
  7. ^ 北口県議が自民会派入り 再び過半数確保 兵庫県議会神戸新聞NEXT 2015年6月13日
  8. ^ 兵庫県議会/議員紹介/北口寛人
  9. ^ 自由民主党兵庫県支部連合会
  10. ^ “明石市長選 県議・北口氏が立候補を正式表明”. 神戸新聞. (2018年12月19日). https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201812/0011918314.shtml 2019年1月30日閲覧。 
  11. ^ “明石市長の辞職を承認 市議会、職員への暴言で”. 産経ニュース. 産業経済新聞社. (2019年2月2日). https://www.sankei.com/affairs/news/190202/afr1902020010-n1.html 2018年2月2日閲覧。 
  12. ^ “明石市長選 北口元市長が立候補表明「暴言、争点にせず」”. 神戸新聞. (2019年3月1日). https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201903/0012109216.shtml 2019年3月6日閲覧。 
  13. ^ “明石市長選、泉氏が3選 「暴言」批判かわす”. 神戸新聞. (2019年3月17日). https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201903/0012155699.shtml 2019年3月19日閲覧。 
  14. ^ “兵庫県議選 明石市選挙区 北口氏がトップで復活”. 神戸新聞. (2019年4月8日). https://www.kobe-np.co.jp/news/akashi/201904/0012222443.shtml 2019年4月14日閲覧。 
先代:
岡田進裕
明石市の旗 兵庫県明石市長
第13代:2003年 - 2011年
次代:
泉房穂