北吉原駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
北吉原駅
駅舎(2017年9月)
駅舎(2017年9月)
きたよしはら
Kita-Yoshihara
H26 竹浦 (2.8km)
(2.1km) 萩野 H24
所在地 北海道白老郡白老町字北吉原
駅番号 H25
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 室蘭本線
キロ程 105.7km(長万部起点)
電報略号 キラ
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1965年昭和40年)11月1日
備考 無人駅
テンプレートを表示

北吉原駅(きたよしはらえき)は、北海道白老郡白老町北吉原にある北海道旅客鉄道(JR北海道)室蘭本線である。駅番号H25

歴史[編集]

1976年の北吉原駅と周囲約500m範囲。左下が東室蘭方面。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

大昭和製紙白老工場(1960年(昭和35年)操業開始[1]、現:日本製紙北海道工場白老事業所)のために、大昭和製紙による建設費全額負担の下つくられた[注釈 1]

年表[編集]

駅名の由来[編集]

大昭和製紙から「北吉原」とするよう申し出があり、名づけられた[2]。その創業地(本社所在地)である静岡県吉原市(現:富士市)に因む[2]。ただし、読みは静岡県吉原は「よしら」とよむが、当駅のよみは「きたよしら」である。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線の地上駅橋上駅)。苫小牧駅管理の無人駅である。

なお、駅舎老朽化のため橋上駅を2019年9月ごろから解体し、地上駅舎へ変更される予定である[3]

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道(JR北海道)
室蘭本線
竹浦駅 (H26) - 北吉原駅 (H25) - 萩野駅 (H24)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 2008年(平成20年)3月15日ダイヤ改正まで運転された貨物列車は、隣の萩野駅に繋がる専用線を経由して室蘭本線に連絡していた。

出典[編集]

  1. ^ 本多 貢 (1995-01-25). 児玉 芳明. ed (日本語). 北海道地名漢字解. 札幌市: 北海道新聞社. p. 119. ISBN 4893637606. OCLC 40491505. https://www.worldcat.org/oclc/40491505. 
  2. ^ a b c 『北海道 駅名の起源』日本国有鉄道北海道総局、札幌市、1973年3月25日、第1版、72頁。
  3. ^ “白老町19年度予算案、象徴空間に11億4100万円”. 室蘭民報. (2019年2月23日). オリジナルの2019年3月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190326120131/http://www.muromin.co.jp/murominn-web/back/2019/02/23/20190223m_08.html 2019年3月26日閲覧。 

関連項目[編集]