北品川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
日本 > 東京都 > 品川区 > 北品川
北品川
御殿山の住宅街
御殿山の住宅街
北品川の位置(東京都区部内)
北品川
北品川
北品川の位置
北緯35度37分14.7秒 東経139度44分18.5秒 / 北緯35.620750度 東経139.738472度 / 35.620750; 139.738472
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Shinagawa, Tokyo.svg 品川区
地域 品川地域
面積
 • 合計 1.05km2
人口
2021年令和3年)4月1日現在)[1]
 • 合計 19,670人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
140-0001(1〜4丁目)[2]
141-0001(5〜6丁目)[3]
市外局番 03[4]
ナンバープレート 品川
※座標は品川女子学院中等部

北品川(きたしながわ)は、東京都品川区町名。現行行政地名は北品川一丁目から北品川六丁目。郵便番号は一丁目から四丁目が140-0001[2]、五丁目から六丁目が141-0001[3]

地理[編集]

品川区の北部に位置する。町域北部は港区高輪・港区港南に接する。東部は概ね八ツ山通りに接し、これを境に品川区東品川に接する。南部から南西部にかけては目黒川に接し、これを境に品川区南品川・品川区広町・品川区大崎にそれぞれ接する。西部は品川区東五反田に接する。町域内には住宅、オフィス、寺院、商店などが見られる。一丁目・二丁目内には旧東海道があり、かつての品川宿の名残を見ることができる。三丁目・四丁目・五丁目には高級住宅地として知られる御殿山がある。地名に由来する北品川駅品川駅の南に位置する。これは旧来の品川が現在の品川区に当たり、品川駅はそれより北の港区に作られたことに起因する。

北品川一丁目
町域北東部。北端付近は品川インターシティ傍になる。八ツ山通りを境に東側はオフィスビルマンションが見られる。八ツ山通り西側には住宅や北品川本通り(旧東海道)沿いなどに商店が見られる。地域西部には第一京浜が通っており、北品川三丁目と接している。第一京浜と平行して京急本線が通っており、北品川一丁目内には北品川駅がある。東部には天王洲運河が見られる。
北品川二丁目
町域南東部。区域内は北側の一丁目から続く旧東海道沿いに商店や寺院・神社が見られる。他の地域は住宅地。一丁目同様に西部には第一京浜が通っており、北品川三丁目と接している。また、第一京浜と平行して京急本線が通っており、北品川二丁目内には新馬場駅北口がある(新馬場駅は南端の目黒川を跨ぐ形であり、南口は南品川になる)。また、町域内を東西に山手通りが横断している。区域内には品川の南の鎮守である荏原神社がある。
北品川三丁目
北品川三丁目(2013年11月)
町域中部。東部は第一京浜に接しており、東側には北品川一丁目・二丁目がある。西側にはJR山手線東海道本線などの線路に接し、北品川四丁目に接する。また区域南部を山手通りが通っている。三丁目の北部は「御殿山」と呼ばれる城南五山の一つとして知られる高級住宅地の一角がある(御殿山は北品川四丁目・五丁目一帯も該当する)。地域内は住宅のほか、マンションやビル、学校などが見られる。品川の北の鎮守である品川神社も三丁目にある。
北品川四丁目
町域中西部。区域東部はJR線の線路に接し、北品川三丁目になる。西部は御殿山通りなどを境に、北品川五丁目と接する。一帯は「御殿山」と呼ばれる高級住宅地として知られる。邸宅やマンションが見られるほか、JRの線路沿いには御殿山トラストシティ(旧:御殿山ヒルズ→御殿山ガーデン)という高層マンションとオフィスビル・ホテルなどの複合建造物が設置され、付近のランドマークにもなっている。また、区域北東端の新八ツ山橋・八ツ山橋付近は幹線道路が集まっており交通の要所としても知られる。
北品川五丁目
北品川五丁目(2015年4月)
町域西部。東側は北品川四丁目。北側は北品川六丁目になる。当地も「御殿山」と呼ばれる一帯で邸宅や高級マンションが多く見られる。区域北端に八ツ山の坂(通称ソニー通り)、区域内に小関通りが通る。かつては、北部にある六丁目とともにソニーの本社や関連施設があったが、五丁目にソニー御殿山テクノロジーセンターを残し、2007年に港区港南一丁目(品川駅東側)へ移転した。2012年4月に着工した「北品川五丁目第1地区第一種市街地再開発事業」が2015年5月にパークシティ大崎として開業。超高層ビル大崎ブライトタワーや超高層マンションパークシティ大崎 ザ タワーなど7棟からなる複合商業施設が付近の新たなランドマークになっている。
北品川六丁目
北品川六丁目(2013年4月)
町域北西部。かつては五丁目とともにソニーの関連施設があったが、港区港南に移転した。合計面積2万5千平方メートル以上に及ぶその跡地はソニーから積水ハウスに売却され、オフィスビルやマンションとして2011年に再開発された[5]。他にも邸宅やマンションが見られる。また北品川六丁目から北部の港区高輪四丁目・北品川四丁目の北部付近には城南五山の一つ「八ツ山」があった。名の由来は諸説あるが江戸時代に埋め立てなどに八ツ山の土が使われ、切り崩され平地となり、現在は付近の交差点道路などに名前が残されている。

世帯数と人口[編集]

2021年令和3年)4月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
北品川一丁目 2,188世帯 3,375人
北品川二丁目 1,987世帯 3,235人
北品川三丁目 1,983世帯 3,753人
北品川四丁目 774世帯 1,631人
北品川五丁目 3,260世帯 6,861人
北品川六丁目 416世帯 815人
10,608世帯 19,670人

小・中学校の学区[編集]

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[6]

2019年度入転学
丁目 番地 小学校 中学校
北品川一丁目 全域 品川区立台場小学校 品川区立品川学園
北品川二丁目 1〜19番
20番1〜4号、6号
20番8〜9号、19〜22号
20番24〜25号
その他 品川区立城南第二小学校 品川区立東海中学校
北品川三丁目 全域 品川区立品川学園 品川区立品川学園
北品川四丁目 全域 品川区立御殿山小学校
北品川五丁目 全域
北品川六丁目 全域
2020年度入転学
丁目 番地 小学校 中学校
北品川一丁目 全域 品川区立台場小学校 品川区立品川学園
北品川二丁目 1〜19番
20番1〜11号、18〜25号
21〜29号、30番10〜28号
34番3〜5号
その他 品川区立城南第二小学校 品川区立東海中学校
北品川三丁目 全域 品川区立品川学園 品川区立品川学園
北品川四丁目 全域 品川区立御殿山小学校
北品川五丁目 全域
北品川六丁目 全域

交通[編集]

一丁目から三丁目は主に北品川駅新馬場駅が利用される。四丁目・五丁目は大崎駅が、六丁目は品川駅が主に利用されることが多い。他に、品川駅からの路線バスの便もある。

鉄道[編集]

バス[編集]

施設[編集]

北品川一丁目
北品川二丁目
北品川三丁目
北品川四丁目
北品川五丁目
北品川六丁目

出身・ゆかりのある人物[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 世帯と人口‐例月表 【地区別、町丁別、地域センター別】”. 品川区 (2021年4月1日). 2021年4月14日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2021年4月14日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2021年4月14日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2021年4月14日閲覧。
  5. ^ 【プロジェクト】ソニーのビル跡地2万5100m2に事務所や住宅を建設、積水ハウス”. 日経不動産マーケット情報 (2008年1月9日). 2021年4月14日閲覧。
  6. ^ 学区域”. 品川区 (2020年4月1日). 2021年4月14日閲覧。
  7. ^ 2011年4月1日名称変更。