北城恪太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
きたしろ かくたろう
北城 恪太郎
Kitashiro kakutaro.jpg
生誕 (1944-04-21) 1944年4月21日(75歳)
日本の旗 日本 東京
出身校 慶應義塾大学工学部卒業
カリフォルニア大学バークレー校大学院修士課程修了
職業 実業家・教育者
受賞 男女共同参画社会づくり功労者内閣総理大臣表彰

北城 恪太郎(きたしろ かくたろう、1944年4月21日 - )は、日本の実業家学位工学士慶應義塾大学1967年)、および工学修士カリフォルニア大学バークレー校1972年)。日本アイ・ビー・エム1967年入社、1986年取締役、1993年代表取締役社長、1999年IBMアジア・パシフィック・プレジデント兼日本アイ・ビー・エム代表取締役会長、2012年より相談役、2017年より名誉相談役。

2003年から経済同友会代表幹事, 2007年より終身幹事。2010年より学校法人国際基督教大学理事長、NPO法人大学経営協会副理事長[1]文部科学省中央教育審議会委員など兼務。

略歴[編集]

茨城県生まれ[2]東京都出身。錦華小学校卒業。

人物像[編集]

  • 好きな言葉は、「誠は天の道なり、誠を思うは人の道なり」。
  • モットーは、「あ・た・ま」と言い、明るく、楽しく、前向きに仕事をするという言葉の頭文字をとったものである。
  • 中学生時代は、文武両道な生徒で学級委員長としての活発に活動していたことを評価され、同級生250人の中から女子生徒2人と「中等部長賞」に選ばれる。
  • 中学の卒業間近に担任から「きみは、英語の成績がよくないね。高校へ行くと英語は大事だから、頑張りなさい」と言われ、負けず嫌いな性格が影響し、高校時代にはクラブ活動で英語研究会に入り、英字新聞を読み、テレビやラジオの講座や英会話のテープを聞いたり、英会話学校に通うなど英語の勉強漬けの日々を過ごす。これが留学や仕事など、後の活動に役立った。
  • 高校時代に日曜学校を英語でやっている教会があると聞き、そこへ通い、聖書にも触れて、大学を卒業後に就職した年(1967年)にキリスト教洗礼を受けた。その後同時に洗礼を受けた女性と結婚し、現在も熱心なクリスチャン生活をしていることはよく知られている。[3]

著書[編集]

  • 『経営者、15歳に仕事を教える』(丸善、2004年)
  • 『郵政民営化こそ日本を変える ―経営者、大いに語る(Doyukai books)』(PHP出版、2005年)
  • 大歳卓麻と共著『IBM お客様の成功に全力を尽くす経営』(ダイヤモンド社、2006年)
  • 他7名との共著『団塊世代60年―どう生きてきたか』(生産性出版、2006年)
  • 『経営者、15歳に仕事を教える』(文春文庫、2008年)
  • 『ニッポン「起業」学 (DOYUKAI BOOKS)』(日本実業出版社 、2008年)
  • 諏訪良武と共著『顧客はサービスを買っている―顧客満足向上の鍵を握る事前期待のマネジメント』(ダイヤモンド社、2009年)

脚注[編集]

関連項目[編集]

先代:
椎名武雄
日本アイ・ビー・エム社長
1993年 - 1999年
次代:
大歳卓麻