北大手駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

北大手駅(きたおおてえき)は、1927年11月20日から1972年2月19日まで設置されていた上田交通真田傍陽線の駅。真田傍陽線の廃線と同時に廃駅となった。

概要[編集]

開業時に上田市市街地に設置された5駅のひとつである。駅が設置された当時の地名は、長野県上田市片平町(現在は同市大手一丁目)だった。

駅舎を備えた駅員配置駅であり、駅員が切符を販売していた。

前の駅の公園前駅は上田城址公園の最寄り駅として知られているが、この駅も上田城址公園の北口に近いため、ここで降りて公園に行く乗客も多かった。とりわけ北口は市営プール・市営動物園・遊園地(遊園地とはいってもジェットコースター・観覧車はなく、小学校・幼稚園・保育園で見られる遊具で遊ぶ場所である)に近いため、利用するのはこの駅と決めていた客もいたという。また、駅の近くには大きな病院が2つあり、通院のために利用していた客もいて結構にぎわった駅であった。

廃線後、駅舎は取り壊され会社の事務所が建設されたが、現在は食料品店となっている。ちなみに駅の廃止後は千曲バスの停留所となっているが、同線の廃止後に千曲バスのバス停留所となったのは公園前駅、当駅、そして次駅の上田花園駅である。

隣の駅[編集]

上田交通
真田傍陽線
公園前駅 - 北大手駅 - 上田花園駅