北岡誠司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

北岡 誠司(きたおか せいじ、1935年4月11日[1]- )は、ロシア・東欧文学者、比較文学者、奈良女子大学名誉教授。

東京生まれ。東京外国語大学ロシア語科卒、1967年東京大学大学院比較文学比較文化博士課程満期退学、大阪市立大学文学部助手、68年講師、71年助教授、1981年奈良女子大学文学部助教授、85年教授、98年定年退任、名誉教授。ミハイル・バフチンロシア・フォルマリズムを研究。

著書[編集]

  • 『現代思想の冒険者たち 第10巻 バフチン 対話とカーニヴァル』講談社 1998
共編
  • 『小説のナラトロジー 主題と変奏』三野博司共編 世界思想社 2003

翻訳[編集]

論文[編集]

[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』