北島斉孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
北島斉孝

北島 斉孝(齊孝、きたじま なりのり、1863年9月11日(文久3年7月29日[1])- 1918年大正7年)11月9日[1][2])は、日本の神職政治家華族出雲大社北島国造家76代貴族院男爵議員。旧名・殿若丸[1]

経歴[編集]

出雲国出雲郡(現島根県出雲市大社町)で北島国造家75代・北島脩孝の長男として生まれる[1][3][4]。父の死去に伴い1893年4月7日、男爵を襲爵した[1][4][5]

1882年、出雲大社権宮司に就任[2][3]。同禰宜、大教正、神道出雲教(現出雲教)大教主を務めた[2][3][6][7]

1908年7月、貴族院男爵議員補欠選挙で当選し[8]公正会に所属して活動し、死去するまで在任した[2]

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 『平成新修旧華族家系大成』上巻、497頁。
  2. ^ a b c d 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』69頁。
  3. ^ a b c 『神道人名辞典』118-119頁。
  4. ^ a b 『人事興信録』第4版、き35頁。
  5. ^ 『官報』第2929号、明治26年4月8日。
  6. ^ 『神道人物研究文献目録』215頁。
  7. ^ 『新宗教教団・人物事典』416頁。
  8. ^ 『官報』第7504号、明治41年7月2日。

参考文献[編集]

  • 國學院大學日本文化研究所編『神道人物研究文献目録』弘文堂、2000年。
  • 井上順孝他編『新宗教教団・人物事典』弘文堂、1996年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』上巻、霞会館、1996年。
  • 『神道人名辞典』神社新報社、1986年。
  • 『大正過去帳 物故人名辞典』東京美術、1973年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第4版、1915年。


日本の爵位
先代:
北島脩孝
男爵
出雲国造北島国造家第2代
1893年 - 1918年
次代:
北島貴孝