北島武

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
北島 武
Takeshi Kitajima
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1982-12-16) 1982年12月16日(36歳)
出身地 長崎県佐世保市
ラテン文字 Takeshi Kitajima
身長 195cm
体重 85kg
血液型 A型
選手情報
愛称 タケシ
ポジション WS
指高 250cm
利き手
スパイク 345cm
ブロック 335cm
テンプレートを表示

北島 武(きたじま たけし、1982年12月16日 - )は、日本の男子元バレーボール選手。ポジションはウイングスパイカーVプレミアリーグ堺ブレイザーズに所属していた。

来歴[編集]

長崎県佐世保市出身。父は高校教員で福岡教育大学バレー部出身、母も全国大会経験者というバレーボール一家に生まれる[1]

父の転勤とともに壱岐に渡り、小学6年よりバレーボールを始める。壱岐市立武生水中学校時代には全国都道府県対抗中学バレーボール大会(現:JOC杯)で優勝し、オリンピック有望選手に選ばれた。「長崎に北島あり」と注目を集めるようになる。

壱岐高校時代には春高に出場しベスト8、インターハイでは準優勝した。全日本ユース代表やジュニア代表、ユニバシアード代表を経験し、堺ブレイザーズ入団。

2005年に全日本初選出。2008年ワールドリーグ出場。2009年5月入籍、2009年6月より、堺ブレイザーズ主将を務める。

元久光製薬スプリングスの北島真紀子は実姉である[1]。2014年2月1日の対FC東京戦に出場、通算230試合出場を達成し、Vリーグ栄誉賞の資格を得た[2]

2014年5月末日をもって、現役を引退し社業に専念する[3]

球歴・受賞歴[編集]

  • 全日本代表 - 2005年、2008年-
    • ワールドリーグ - 2005年、2008年
  • 受賞歴
    • 2000年 - アジアジュニア選手権 スパイク賞
    • 2010年 - 2009/10 Vプレミアリーグ 敢闘賞、サーブ賞
    • 2014年 - Vリーグ栄誉賞(長期活躍選手)

所属チーム[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 月刊バレーボール 2012年8月号 98-101ページ
  2. ^ Vリーグ機構. “北島武選手Vリーグ出場通算230試合出場について”. 2014年2月6日閲覧。
  3. ^ 堺ブレイザーズ. “選手の現役引退について”. 2014年6月3日閲覧。