北川源四郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

北川 源四郎(きたがわ げんしろう、1948年5月6日 - )は、日本の数理統計学者。前統計数理研究所長。情報・システム研究機構長。時系列解析の先導的研究者。逐次モンテカルロ法を考案し、1996年に発表。

父は九州大学名誉教授の数理統計学者北川敏男。姉には慶應義塾大学名誉教授の数学者竹中淑子がいる。

略歴[編集]

  • 福岡県出身[1]
  • 1967年:福岡県立修猷館高等学校卒業。
  • 1971年:東京大学理学部数学科卒業。
  • 1973年:東京大学大学院理学系研究科数学専攻修士課程修了。
  • 1974年:東京大学大学院理学系研究科数学専攻博士課程中退。統計数理研究所研究員に採用。
  • 1983年:理学博士号を九州大学より取得。論文の題は「Likelihood functional approach to the nonstandard observation problems(非正則観測値問題に対する尤度関数的接近)」[2]
  • 1985年:統計数理研究所予測制御研究系助教授。
  • 1991年:統計数理研究所予測制御研究系教授。
  • 1998年:統計数理研究所企画調整主幹。
  • 2002年:統計数理研究所長に就任。
  • 2011年:情報・システム研究機構長に就任。

受賞[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.404
  2. ^ 博士論文書誌データベース
先代:
清水良一
統計数理研究所
第10代:2002年 - 2011年
次代:
樋口知之
先代:
堀田凱樹
情報・システム研究機構
第2代:2011年 - 2017年
次代:
藤井良一