北平体育研究社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索

北平体育研究社(ほくへいたいいくけんきゅうしゃ)は、1912年北京で設立され、初代館長は北京市長、副館長は許禹生が選ばれた。

呉鑑泉呉式太極拳二世)、楊澄甫(永年楊氏三世)、孫禄堂孫式太極拳形意拳八卦掌)、劉恩綬(陰把槍)などの武術家が指導した。許禹生の著書には、「太極拳勢図解」(1921年)がある。 「太極拳勢図解」は、楊式太極拳において出版された著書ではもっとも古いとされる。

今日は何の日(11月18日

もっと見る