北愛国駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
北愛国駅
きたあいこく
Kita-Aikoku
依田 (2.6km)
(4.3km) 愛国
所在地 北海道帯広市愛国町
所属事業者 日本国有鉄道(国鉄)
所属路線 広尾線
キロ程 6.7km(帯広起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1953年昭和28年)11月15日
廃止年月日 1987年昭和62年)2月2日
備考 広尾線廃線に伴い廃駅
テンプレートを表示
1977年の北愛国駅と周囲約500m範囲。下が広尾方面。石組み土盛の単式ホームは東側(広尾に向かって左側)にあって、切妻が横へ向いた古い待合室が白く見える。待合室は後年、切妻が縦に向いた形の物に建て替えられている。駅裏の広場に見える赤い屋根の建物が北愛国会館で、裏からホームへ線路を横切る踏み跡が見える。周囲は依田駅同様、農家の点在する畑作地帯。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

北愛国駅(きたあいこくえき)は、北海道十勝支庁帯広市愛国町にかつて存在した、日本国有鉄道(国鉄)広尾線廃駅)である。広尾線の廃線に伴い、1987年(昭和62年)2月2日に廃駅となった。

駅構造[編集]

廃止時点で、1面1線の単式ホームを有する地上駅であった。ホームは、線路の東側(広尾方面に向かって左手側)に存在した。また、転轍機を持たない棒線駅となっていた[1]

開業時からの無人駅で駅舎は無かったが、ホーム中央部分に待合所を有した[1]簡易委託駅として、乗車券の販売が行われていた時期もあった(1981年(昭和56年)12月発行の乗車券が確認されている[2])。

駅名の由来[編集]

当駅が所在した地、帯広市愛国町の「北」に位置することから付けられた。

利用状況[編集]

1981年度(昭和56年度)の1日当たりの乗降客数は10人[1]

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

代替バスは道路事情の関係で帯広 - 依田 - 北愛国 - 愛国の別系統が設定されたが、路線統合を経て2006年(平成18年)9月をもって廃止された。現在はスクールバスに準じた愛国・大正方面行のみが運行される。

歴史[編集]

駅跡[編集]

駅跡地には、現在、バスの待合所が建っている。1999年(平成11年)時点では北愛国会館の脇に「広尾線北愛国駅跡地」と記載された小さな標柱が設置されていた[4]が、2010年(平成22年)時点では撤去されていた[5]

隣の駅[編集]

日本国有鉄道
広尾線
依田駅 - 北愛国駅 - 愛国駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 書籍『国鉄全線各駅停車1 北海道690駅』(小学館1983年7月発行)138ページより。
  2. ^ 書籍『無人駅探訪』(監修:西崎さいき、文芸社2011年6月発行)20ページより。
  3. ^ a b 書籍『北海道道路地図 改訂版』(地勢堂、1980年3月発行)13ページより。
  4. ^ 書籍『鉄道廃線跡を歩くVI』(JTBパブリッシング1999年3月発行)38ページより。
  5. ^ 書籍『新 鉄道廃線跡を歩く1 北海道・北東北編』(JTBパブリッシング2010年4月発行)86ページより。

関連項目[編集]