北新成県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中国地名の変遷
建置 漢代
使用状況 北斉に廃止
前漢北新成県
朔平県
後漢北新城県
三国北新城県
西晋北新城県
東晋十六国北新城県
南北朝新城県(北魏)
北新城県(北斉)
廃止(北斉)

北新成県(ほくしんせい-けん)は、中国にかつて存在した県。現在の河北省保定市徐水区南西部に相当する。

前漢により設置され、中山国に属した。王莽のとき、朔平県と改められた[1]

後漢のとき、北新城県と改称され、涿郡に属した[2]

西晋のとき、北新城県は高陽国に属した[3]

南北朝時代には、北魏により新城県と改称された[4]

北斉が成立すると北新城県と改称されたが、間もなく廃止された。

脚注[編集]

  1. ^ 漢書』地理志下
  2. ^ 後漢書』郡国志五
  3. ^ 晋書』地理志上
  4. ^ 魏書』地形志二上