北方悠誠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
北方 悠誠
Yujo Kitagata
ロサンゼルス・ドジャース(マイナー)
20121123 Yuujou Kitagata, pitcher of the Yokohama DeNA BayStars, at Yokohama Stadium.JPG
DeNA時代
(2012年11月23日、横浜スタジアム)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 佐賀県唐津市
生年月日 (1994-01-25) 1994年1月25日(25歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
198 lb =約89.8 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2011年 ドラフト1位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

北方 悠誠(きたがた ゆうじょう、1994年1月25日 - )は、佐賀県唐津市出身のプロ野球選手投手)。MLBロサンゼルス・ドジャース傘下に所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

友人の誘いで、小学2年時から遊撃手として軟式野球を始めた。唐津市立湊中学校時代には、軟式野球部で遊撃手と投手を務めた。

佐賀県立唐津商業高等学校への進学後は、1年時夏からのベンチ入りを経て、2年時の春からエースの座を確保。夏の選手権佐賀大会では初戦で敗れたが、秋の佐賀県大会では、全5試合で完投勝利を挙げてチームを優勝に導いた。3年夏の第93回全国高等学校野球選手権大会では、佐賀大会で通算57イニング(888球)を投げ抜いた末に優勝。準々決勝では、延長15回を完投したばかりか、引き分けで迎えた翌日の再試合も完投した。この頃から、NPB入りを本気で考えたという[1]。佐賀代表として出場した全国大会では、古川工業との1回戦で13奪三振を記録するとともに、チームの勝利に貢献。作新学院との2回戦では、最速153km/hのストレートで10三振を奪ったが、チームは2 - 3というスコアで惜敗した。なお、甲子園球場の全国大会では、通算2試合(18イニング)で防御率2.00、23奪三振をマーク。大会後の第9回AAAアジア野球選手権大会日本代表に選ばれると、2試合の登板(通算3イニング)を無失点で凌いだ。

2011年のNPBドラフト会議で、横浜ベイスターズから1巡目で指名。契約金8,000万円、年俸720万円(金額は推定)という条件で入団した。背番号は28。ベイスターズでは指名後の同年12月2日付で経営権が東京放送ホールディングスからディー・エヌ・エー(DeNA)に譲渡されたため、北方は横浜ベイスターズとして最後のドラフト1巡目指名選手および、横浜DeNAベイスターズにとって最初の新人選手の1人に当たる。

DeNA時代[編集]

2012年には、イースタン・リーグ公式戦6試合に登板。0勝2敗、防御率6.91という成績で、一軍公式戦での登板機会がなかった。公式戦の終了後フェニックスリーグに参加したが、「チームの内規違反などがあった」という理由で、参加を途中で切り上げられた[2]

2013年には、イースタン・リーグ公式戦9試合の登板で、1勝1セーブ、防御率1.72をマーク。一軍公式戦へのデビューには至らなかったが、秋季キャンプで150km/h台のストレートを連投したことから、監督の中畑清から一軍のクローザー候補に指名された[3]。キャンプ終了後に参加した台湾でのウィンターリーグでは、ストレートで158km/h(当時の自己最速記録)を計測している[4]

2014年には、一軍の春季キャンプに参加した[5]ものの、シーズン中は二軍での生活に終始[6]。投球フォームの変更を繰り返す(詳細後述)一方で、投球動作中に腕が止まるなど、イップスの症状に悩まされるようになった(詳細後述[7]。自身の述懐では、高校時代とのストライクゾーンの違いに戸惑い、コントロールを意識するあまり「高校の時みたいにがむしゃらに投げることができなくなっていた」という[8]。結局、一軍公式戦での登板がないまま、10月3日に球団から戦力外通告[9]

ソフトバンク時代[編集]

2014年11月9日にNPB12球団合同トライアウト[10]、翌10日からテスト生として福岡ソフトバンクホークスの秋季キャンプに相次いで参加[11]。その結果、同月22日に、育成選手としてソフトバンクと契約した[12]。背番号は137

2015年には、三軍戦9試合に登板[13]。通算投球イニング5回1/3で18与四球・3与死球を記録するほどの制球難で、支配下登録選手や公式戦での登板に至らず、10月4日に戦力外通告を受けた[14]

BCリーグ・群馬時代[編集]

2015年11月10日には、前年に続いてNPB合同トライアウトへ参加。ストレートで最速146km/hを計測する一方で、3人の打者に対して、1被安打1与四球[13]という結果にとどまったが、同月30日にベースボール・チャレンジ・リーグ(BCリーグ)群馬ダイヤモンドペガサスへ入団することが発表された[15]。背番号は99

2016年には、リーグ戦6試合に登板。勝敗は付かず、防御率が11.17に達した。前期終了後に退団を申し出たため、7月4日付で自由契約選手になった[16]

四国IL・愛媛時代[編集]

2016年7月25日に、四国アイランドリーグplus愛媛マンダリンパイレーツが、北方の獲得を発表した。入団テストを経ての獲得だった。背番号は34[17]で、入団後は、後期リーグ戦15試合の登板で1勝1敗、防御率2.43という成績を残した[18]。8月には、古巣のソフトバンク三軍との交流戦に登板。ストレートで最速150km/hを計測した[19]。愛媛が出場したこの年のグランドチャンピオンシップ(対戦相手は前所属の群馬)では、第2戦・第3戦・第5戦に登板したが、いずれも勝敗やセーブは付かなかった[20][21][22]。シーズン終了後の11月12日には、3年連続でNPB合同トライアウトに参加。3人の打者に対して、1四球を出しならも無安打に抑えた[19]が、NPBへの復帰に至らずチームへ残留した。

2017年には、前後期を通じて、リーグ戦6試合に登板。1勝2敗、防御率6.00[23]という成績で、シーズン終了後に退団した[24]。後のインタビューで、愛媛を退団したのは野手転向を勧められたためだと述べている[8]

BCリーグ・信濃時代[編集]

2018年1月21日に、BCリーグの信濃グランセローズへ入団することが発表された[25]。16試合に登板し0勝3敗、防御率7.22[26]。シーズン終了後に退団した。後のインタビューで、無給の練習生契約を提示されたことが信濃退団の理由と述べている[8]

BCリーグ・栃木時代[編集]

2018年10月31日に、信濃から栃木ゴールデンブレーブスへ移籍する[27]ことが発表された。背番号は20

2019年には、前期の開幕から5月下旬まで、リーグ戦11試合に登板。通算成績は1勝2セーブ、防御率5.73ながら、同月中旬までは防御率1.00という好成績を残していた。4月21日の対福島レッドホープス戦まで、同カードでは、視察に訪れたMLBロサンゼルス・ドジャースのスカウトによる計測ながら、ストレートで自己最速の161km/hを記録している[28]

2019年5月4日に、ドジャース国際スカウト部門の責任者が、BCリーグ前期の栃木対群馬ダイヤモンドペガサス[29]で北方の投球を改めて視察。試合後に北方と交渉した結果、同球団との間でマイナー契約を結ぶことで同月8日に合意した[28][30]。同日にはMLBの公式サイト[31]、翌9日には日本のメディアでもその旨を相次いで報道[32]。北方自身も、栃木球団が同月12日の対福島戦後に設定した取材の場[33]で、「レベルアップのチャンス」としてドジャースとのマイナー契約に合意したことや、正式な契約へ移行するまで栃木でプレーを続けることを明らかにした[28][34]。その後、栃木球団は5月30日に、北方の退団とドジャースへの移籍を正式に発表した[35]。リーグは6月1日付で北方の移籍に伴う登録抹消を公示した[36]

ドジャース傘下時代[編集]

選手としての特徴[編集]

全身を使ったスリークォーターのフォームから投じるストレートが持ち味で、ドジャースのスカウトによる計測では最速で100mph[28](約161km/h)、球場での球速表示では最速で160km/h[37]を記録。その一方で、スライダーカットボールカーブフォークといった多彩な変化球も投げる。

躍動感のある投球に加えて、高校3年生の夏に佐賀県大会・全国大会を通じて1180球を投げられたほどのスタミナも魅力である[38]。しかし、上記のフォームでは右腕の位置が定まらず制球も安定しなかった[38]。そのため、制球力を改善すべく、DeNAへの入団3年目にサイドスローへ転向した[39]。ところが、持ち味であるストレートの球速が130km/h前半にまで落ちたことから、およそ1ヶ月でオーバースローに戻した[40]。退団後に独立リーグを経てドジャースとのマイナー契約へ至ったのは、投球フォームのバランスの改善を続けた結果、制球力の向上が認められたことにもよる[30]

人物[編集]

実父は、中学生時代に藤井将雄と同じ野球チームへ所属。藤井が福岡ダイエーホークスへ入団してから夭折するまでは、後援会の事務局長を務めたこともあった。北方も幼少期に藤井とのキャッチボールを経験している。その縁で、横浜からドラフト会議で指名された直後には、指名を受けた旨を藤井の墓前に報告[41]。その3年後には、前述した経緯から、福岡ダイエーの後継球団であるソフトバンクへ移籍した。

DeNA時代に、ストレートの球速が110km/hまで低下。一時キャッチボールすら困難な状況にまで陥ったことから、イップスが原因とされている[42]。その状況から再び野球に向き合えるようになったのはソフトバンク時代で、DeNAの投手・スタッフからコーチに転じていた入来祐作や、育成選手出身の千賀滉大から真摯に接してもらえたことによるという[43]。ただ、北方自身はイップスを認めておらず、「練習では投げられるので、『フォームを乱した』と言う方が正しい」と述べている[8]

独立リーグ時代には、DeNA時代のチームメイトだった投手に支えられながら、4球団でプレーを続けた。1球団目の群馬をシーズン途中で退団した際には、群馬でもチームメイトだった伊藤拓郎が北方に野球を続けるようアドバイスを送ったばかりか、DeNAでの同期だった古村徹に連絡。当時古村が在籍していた愛媛の入団テストを経て、同球団への移籍に漕ぎ着けた[43]。4球団目の栃木では、元メジャーリーガー西岡剛とチームメイトになったことから、西岡の勧めもあってドジャースとのマイナー契約に踏み切った[28]

詳細情報[編集]

独立リーグでの投手成績[編集]










































W
H
I
P
2016 群馬 6 0 0 0 0 ---- 55 9.2 10 1 15 2 6 4 1 12 12 11.17 2.72
愛媛 15 0 1 1 0 .500 137 33.1 28 3 15 0 18 3 0 14 9 2.43 1.30
2017 6 0 1 2 0 .333 118 24.0 21 1 28 6 16 7 0 16 16 6.00 2.04
2018 信濃 16 0 0 3 0 .000 155 28.2 28 0 41 5 40 10 0 27 23 7.22 2.45
2019 栃木 11 0 1 0 2 1.000 56 11.0 7 0 12 2 15 1 0 11 7 5.73 1.73
BCL:3年 33 0 1 3 0 .250 266 49.1 45 1 68 9 61 15 1 50 42 7.66 2.29
IL:2年 21 0 2 3 0 .400 255 57.1 49 4 43 6 34 10 0 30 25 3.94 1.61
  • 2019年度シーズン、栃木退団時

NPB記録[編集]

一軍公式戦出場なし

背番号[編集]

  • 28 (2012年 - 2014年)
  • 137 (2015年)
  • 99 (2016年 - 2016年7月3日)
  • 34 (2016年7月25日 - 2017年)
  • 1 (2018年)
  • 20 (2019年 - 2019年5月31日)

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 今春、夢舞台へ プロ入りの2高校生にインタビュー 佐賀”. asahi.com (2012年1月20日). 2012年5月21日閲覧。
  2. ^ 飛雄馬 喫煙で強制送還…中畑監督「何でここにいるんだ!」”. スポニチ Sponichi Annex (2012年10月19日). 2012年10月19日閲覧。
  3. ^ 【DeNA】中畑監督絶賛の北方が意欲”. nikkansports.com (2013年11月19日). 2014年6月21日閲覧。
  4. ^ DeNA3年目右腕の北方 声出しで「1軍の打者をねじ伏せたい」”. スポニチ Sponichi Annex (2014年2月2日). 2014年6月21日閲覧。
  5. ^ 【DeNA】ドラフト1位柿田ら1軍スタート”. nikkansports.com (2014年1月25日). 2014年6月21日閲覧。
  6. ^ 鬼の中畑監督、結果重視!ダメなら2軍”. nikkansports.com (2014年3月1日). 2014年6月21日閲覧。
  7. ^ 夕感!:プロ野球のホークス育成選手・北方悠誠投手 福岡で再起目指す 「イップス」乗り越え”. 毎日新聞 (2015年2月26日). 2015年11月5日閲覧。
  8. ^ a b c d “元ドラ1「未完の剛球王」が独立リーグで復活。メジャーへの扉を叩く”. Sportiva. (2019年5月14日). https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/baseball/hs_other/2019/05/14/___split_36/ 2019年5月14日閲覧。 
  9. ^ 2015年度選手契約について”. 横浜DeNAベイスターズ (2014年10月3日). 2014年10月5日閲覧。
  10. ^ トライアウト2014。あのドラフト上位選手の再挑戦”. Sportiva (2014年11月10日). 2015年11月5日閲覧。
  11. ^ ソフトバンク 元DeNA158キロ右腕・北方をテスト”. スポニチ Sponichi Annex (2014年11月10日). 2014年11月10日閲覧。
  12. ^ DeNA戦力外の158キロ右腕・北方 ソフトバンクと育成契約”. スポニチ Sponichi Annex (2014年11月22日). 2014年11月22日閲覧。
  13. ^ a b ソフトバンク白根が3安打/合同トライアウト詳細”. nikkansports.com (2015年11月10日). 2015年11月10日閲覧。
  14. ^ 来季契約について”. 福岡ソフトバンクホークス・オフィシャルサイト (2015年10月4日). 2015年10月4日閲覧。
  15. ^ 新入団選手のお知らせ”. 群馬ダイヤモンドペガサス (2015年11月30日). 2015年11月30日閲覧。
  16. ^ 退団選手のお知らせ”. 群馬ダイヤモンドペガサス (2016年7月4日). 2016年7月8日閲覧。
  17. ^ 新入団選手のお知らせ”. 愛媛マンダリンパイレーツ (2016年7月25日). 2016年7月25日閲覧。
  18. ^ 選手成績 - 四国アイランドリーグplus(2016年9月29日閲覧)
  19. ^ a b “65人が参加/12球団合同トライアウト詳細”. 日刊スポーツ. (2016年11月12日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1736002.htmlv 2016年11月13日閲覧。 
  20. ^ 愛媛マンダリンパイレーツ VS 群馬ダイヤモンドペガサス(2016年10月2日) - 四国アイランドリーグplus
  21. ^ 群馬ダイヤモンドペガサス vs 愛媛マンダリンパイレーツ(2016年10月8日) - 四国アイランドリーグplus
  22. ^ 群馬ダイヤモンドペガサス vs 愛媛マンダリンパイレーツ(2016年10月10日) - 四国アイランドリーグplus
  23. ^ 選手成績 愛媛マンダリンパイレーツ - 四国アイランドリーグplus(2017年11月6日閲覧)
  24. ^ 愛媛MP 退団選手のお知らせ - 四国アイランドリーグplus(2017年11月6日)
  25. ^ 2018年1月21日 - 信濃グランセローズ公式twitter 信濃グランセローズ2018 (PDF) - 信濃グランセローズ
  26. ^ 北方が栃木に移籍 - 信濃毎日新聞
  27. ^ 移籍選手のお知らせ”. 信濃グランセローズ オフィシャルサイト (2018年10月31日). 2018年11月1日閲覧。 新入団選手のお知らせ”. 栃木ゴールデンブレーブスオフィシャルサイト (2018年10月31日). 2018年11月1日閲覧。
  28. ^ a b c d e “ドジャースとマイナー契約の北方「率直にうれしかった」チームメートの西岡も「絶対にいけ!」”. スポーツニッポン. (2019年5月12日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/05/12/kiji/20190512s00001007291000c.html 2019年5月13日閲覧。 
  29. ^ 【試合結果】vs群馬ダイヤモンドペガサス(ホーム)”. 栃木ゴールデンブレーブス オフィシャルサイト (2019年5月4日). 2019年5月23日閲覧。
  30. ^ a b ドジャースと契約の栃木の北方「スタイル変えない」”. 日刊スポーツ (2019年5月31日). 2019年5月31日閲覧。
  31. ^ Yujo Kitagata - MLB.com(2019年5月10日閲覧)
  32. ^ “元DeNA1位の北方悠誠ドジャースとマイナー契約”. 日刊スポーツ. (2019年5月10日). https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/201905100000237.html 2019年5月10日閲覧。 
  33. ^ “北方悠誠選手の報道に関して”. 栃木ゴールデンブレーブス. (2019年5月10日). https://tochigi-braves.jp/news/2019/05/10/4863/ 2019年5月23日閲覧。 
  34. ^ “ドジャースとマイナー契約で合意の北方と一問一答「レベルアップするチャンス」”. スポーツニッポン. (2019年5月12日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/05/12/kiji/20190512s00001007304000c.html 2019年5月13日閲覧。 
  35. ^ “北方悠誠選手退団及びロサンゼルス・ドジャース移籍のお知らせ”. 栃木ゴールデンブレーブス. (2019年5月30日). https://tochigi-braves.jp/news/2019/05/30/4974/ 2019年5月31日閲覧。 
  36. ^ 【6月1日】出場選手登録一覧 - ベースボール・チャレンジ・リーグ(2019年6月1日)
  37. ^ “ドジャース入団のBC栃木・北方、160キロ! 茨城戦で登板、1回を3者凡退”. Full-Count. (2019年5月24日). https://full-count.jp/2019/05/24/post386356/ 2019年5月25日閲覧。 
  38. ^ a b 【横浜1位】北方悠誠 1180球“完投”のタフネス右腕 粗削りも育てがいアリ”. スポニチ Sponichi Annex (2011年10月27日). 2012年5月21日閲覧。
  39. ^ DeNAの158キロ右腕・北方 制球難克服へサイドに転向”. スポニチ Sponichi Annex (2012年10月19日). 2014年6月21日閲覧。
  40. ^ DeNA北方 オーバースロー再転向 サイドで球速激減”. スポニチ Sponichi Annex (2014年7月29日). 2014年7月30日閲覧。
  41. ^ 北方 球団売却問題も「迷いなく行きたい」”. スポニチ Sponichi Annex (2011年10月28日). 2012年5月21日閲覧。
  42. ^ 北方悠誠!ホークス育成入団!おめでとう!!!”. イップス先生一言日記 (2014年11月23日). 2015年11月5日閲覧。
  43. ^ a b “158キロドラ1右腕を襲った突然の悪夢 2度の戦力外も野球続ける理由とは”. Full Count. (2016年9月28日). http://full-count.jp/2016/09/28/post46983/ 2016年10月2日閲覧。 

関連項目[編集]