北村央春

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

北村 央春(きたむら ひさはる、1958年4月14日 - )は、大阪府出身のサッカー審判員(元・国際主審)。筑波大学卒業。

現在は、埼玉県内の大宮武蔵野高校で体育教員で担任をしていた。地方公務員の教員およびサッカー部の顧問であったが、2018年度で高校教員を退職した。

1993年11月にサッカー1級審判員の資格を得てキャリアを重ね、2008シーズンまでJリーグの審判を務めた。

話題になった試合[編集]

片山義継が主審を務め、北村は第4の審判員を務めていたが、柏が1点リードして迎えた後半41分、交代を告げられピッチを歩いて去ろうとした小林亮に対して、片山は遅延行為としてイエローカードを提示した。小林に対する警告はこの試合2回目であったが、片山はこれに気付かず交代を認めた。本来、交代が認められるのはピッチを去った後であるため、このケースでは小林は2回目の警告として退場処分となり、当然交代は認められない。交代が認められた後、北村が片山に対して小林が退場になることを指摘し、片山は小林に対してレッドカードを提示したが、交代は取り消されずに柏・神戸ともに11人のまま試合は続けられた[1]。これにより、北村は片山、副審の安食弘幸と共に、2005年10月末までJリーグの審判として指名を停止された[2]
北村の「曖昧なミスジャッジの連続」「ジャッジがあまりにも『フットボールの人間的部分』を欠いていた」[3]などの理由により、イエローカード8枚(仙台5枚・徳島3枚)・退場2名(共に仙台)という数字以上に荒れた試合となった。この試合は、週刊サッカーダイジェスト(2007年5月22日発売号)によって前代未聞の「3.0」という採点をされることとなった[4]

主審記録[編集]

北村央春[編集]

年度 J1 J2
主審 副審 主審 副審
2002年以前
(累計)
28 26 32 0
2003年 0 0 10 0
2004年 0 0 12 0
2005年 0 0 9 0
2006年 0 0 0 0


年度 カテゴリ 試合 得点 平均
得点
警告 退場 平均
警告数
平均
退場数
退
勝利/
引分
勝率/
引分率
(%)
一発
退場
警告
2回
2007 J2 11 H 12 1.09 29 0 3 2.64 0.273 0 H 3 27.3
A 16 1.45 26 2 1 2.36 0.273 0 A 7 63.6
28 2.55 55 2 4 5.00 0.545 0 1 9.1
2008 J2 10 H 17 1.70 15 1 1 1.50 0.200 0 H 3 30.0
A 15 1.50 19 1 2 1.90 0.300 0 A 4 40.0
32 3.20 34 2 3 3.40 0.500 0 3 30.0

Jリーグ全主審[編集]

年度 カテゴリ 試合 得点 平均
得点*
警告 退場 平均
警告数*
平均
退場数*
退
勝利/
引分
勝率/
引分率
(%)
一発
退場
警告
2回
2007 J1・J2・入替
ナビスコ
ゼロックス
682 H 966 1.42 1277 16 54** 1.87 0.103 5 H 293 43.0
A 850 1.25 1379 36 55 2.02 0.133 8 A 241 35.3
1816 2.66 2656 52 109** 3.89 0.236 13 148 21.7
2008 J1・J2・入替
ナビスコ
ゼロックス
685 H 976 1.42 1119 22 37 1.63 0.086 2 H 293 42.8
A 820 1.20 1311 16 54 1.91 0.102 4 A 219 32.0
1796 2.62 2430 38 91 3.55 0.188 6 173 25.3
  • 備考
  1. Jリーグを担当する主審は2007年が38人、2008年が36人(途中交代で主審を務めた副審は除く)である
  2. 表中の「H」はホームチーム、「A」はアウェイチーム、「分」は引き分けを示す
  3. 平均退場数に、監督コーチ等チームスタッフの退席分は含まない
  4. 一部試合に関する注意点
    1. *2007年ナビスコカップ準々決勝第2戦(7月15日)の川崎-甲府戦は延長戦となったため、90分当たりの平均値とした。
    2. **2007年J1第10節(5月6日)の大分-広島戦における、藤田義明(大分)に対する2回目の警告は長田和久主審の人違いであったため、出場停止等、懲戒運用上の退場処分(警告2回)は取り消されたが、公式記録は変更されず、また本稿では主審のカード提示枚数を記載しているため、この退場を含めた。

脚注[編集]

  1. ^ 出典 - Jリーグ「Jリーグ公式記録」
  2. ^ 出典 - デイリースポーツ「審判員3人を指名停止」2007年10月26日閲覧、現在はリンク切れ)
  3. ^ 引用 - 蹴球メディア探検隊「週刊サッカーダイジェスト 『仙台対徳島』採点、その他」~週刊サッカーダイジェスト(2007年5月22日発売号)にて仙台-徳島の採点・寸評を担当した記者のブログ
  4. ^ 採点は10点満点で、5.5~6.0が概ね及第点とされる