北村宏司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
北村宏司
第76回菊花賞の表彰式で優勝旗を授与された勝利騎手の北村宏司.JPG
第76回菊花賞の表彰式にて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 長野県須坂市[1]
生年月日 (1980-07-24) 1980年7月24日(41歳)
身長 158.0cm[1]
体重 50.0kg[1]
血液型 A型[1]
騎手情報
所属団体 JRA(日本中央競馬会)
初免許年 1999年[1]
免許区分 平地[2]
重賞勝利 34勝
G1級勝利 3勝
通算勝利 1391勝
経歴
所属

美浦・藤沢和雄厩舎(1999.3.1-2010.12.31)

美浦・フリー(2011.1.1-)
テンプレートを表示

北村 宏司(きたむら ひろし、1980年7月24日[3] - )は日本中央競馬会 (JRA) の美浦所属[1]騎手である。

来歴[編集]

長野県須坂市南原町出身[4]

競馬学校騎手課程15期生[5]で、1999年藤沢和雄厩舎所属として騎手デビュー。同期は高田潤武英智二本柳壮。競馬学校時代にはアイルランド大使特別賞を受賞した。

1999年3月6日、中京競馬4Rでイブキアーンドランに騎乗し、デビュー。[1]16頭立ての16着に終わった。3月14日の中山競馬2Rでタイキコンコルドに騎乗し、JRA初勝利[1]を挙げた。最終的に年間37勝を挙げ、JRA賞(最多勝利新人騎手)を獲得[1][6]

2000年1月30日、東京新聞杯で単勝7番人気のダイワカーリアンに騎乗し、重賞初勝利[1][7]を果たした。5月7日のNHKマイルカップでマイネルブライアンに騎乗し、G1初騎乗。5月28日には同馬で日本ダービー初騎乗を果たした(結果は18着)。8、9月にはダイワテキサスで関屋記念、新潟記念、ダイワルージュで新潟3歳Sと重賞を立て続けに勝利した。前年を上回る年間38勝を挙げた。

2006年5月14日、ヴィクトリアマイルダンスインザムードに騎乗し、勝利。自身初のGIタイトルを手にした。同時にヴィクトリアマイルの初代優勝騎手となる[1][8]。自己最多となる79勝を挙げた。

しかし、87勝を挙げた2009年を除き、2007年以降は70勝に届かない年が続いた。2011年1月1日、所属していた藤沢和雄厩舎を離れ、フリーとなった[9]

2013年1月12日、史上26人目となるJRA通算10000回騎乗を達成。デビューから13年10ヶ月7日での達成は歴代最速であった。なお、この記録は2021年8月22日に三浦皇成によって更新されている[10]。12月27日、自身初の年間100勝を達成した[11]

2014年3月10日、JRA通算1000勝を達成した[12]。11月2日の天皇賞・秋スピルバーグに騎乗し、勝利。8年ぶり2度目のG1勝利となった[13]。11月9日、アルゼンチン共和国杯フェイムゲームで勝利。2年連続の年間100勝を達成した[14]。12月27日には史上2人目のJRA年間1000回騎乗を達成(1人目は幸英明)[15]。最終的に117勝を挙げ、自己最高となる全国リーディング5位をマークした[16]

2015年1月4日、JRA通算1100勝を達成した。6月17日、プリンスオブウェールズSに出走するスピルバーグの調教を付けるため、イギリスへ渡航。アスコット競馬場でリアルトラに騎乗(結果は14着)[17]。海外初騎乗となった。10月25日、菊花賞でキタサンブラックに騎乗し勝利。人馬ともにクラシック初制覇を果たした[18]。12月5日の中山競馬2Rで左膝関節捻挫を発症し、長期休養に入った。27日の有馬記念で騎乗予定だったキタサンブラックも乗り替わりとなる[19]

2016年4月2日の中山競馬で4ヶ月ぶりに復帰したが、4月13日には左膝軟骨除去手術のため再休養を発表した[20]。8月28日の新潟競馬で再復帰したが、年間24勝に留まった。

2017年9月24日、オールカマールージュバックで制し、2年ぶりに重賞を勝利した。

2018年8月12日、関屋記念プリモシーンで勝利した。同レースでは3歳馬として22年ぶり、3歳牝馬としては31年ぶりの優勝となった。自身も関屋記念歴代最多タイの4勝目であった。

2019年3月1日、中山競馬1Rでタマノカイザーに騎乗した際にクリストフ・ルメールが斜行したため落馬。頭部外傷などの重傷を負い、5ヶ月の戦線離脱を余儀なくされた。8月3日の新潟競馬で復帰したが[21]、怪我の影響で自己最低の年間20勝に留まり、2020年も42勝に終わった。

2021年5月22日、史上23人目となるJRA通算1400勝を達成した[22]。6月20日、東京競馬11Rユニコーンステークスで騎乗したピンクカメハメハがレース中に急性心不全を発症、内ラチに激突して転倒したため落馬し、右足骨折の重傷を負った[23]

騎乗成績[編集]

日付 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初騎乗 1999年3月6日 4歳未勝利 イブキアーンドラン 16 16 16着
初勝利 1999年3月14日 4歳未勝利 タイキコンコルド 14 1 1着
重賞初騎乗 1999年4月25日 NZT トレジャー 18 6 3着
重賞初勝利 2000年1月30日 東京新聞杯 ダイワカーリアン 16 7 1着
G1初騎乗 2000年5月7日 NHKマイルC マイネルブライアン 18 7 14着
G1初勝利 2006年5月11日 ヴィクトリアM ダンスインザムード 18 2 1着
年度 勝利数 騎乗数 勝率 獲得賞金(万円) 全国
1999 37 363 .101 4億5201 26 JRA賞(最多勝利新人騎手)

最多勝利新人騎手賞

フェアプレー賞

民放競馬記者クラブ賞(関東新人騎手賞)

2000 38 592 .064 9億834 25
2001 54 652 .083 10億1347.6 18
2002 41 596 .063 8億458 25
2003 78 690 .113 10億8119.2 10
2004 65 745 .087 11億2299.1 12
2005 59 740 .080 11億9484.2 15
2006 79 842 .094 15億6286.6 10
2007 61 821 .074 12億4345.8 15
2008 55 513 .107 9億4605.4 21 フェアプレー賞
2009 87 828 .105 16億806.4 10
2010 60 878 .068 12億9065.4 19
2011 78 815 .096 12億7016.5 11
2012 88 904 .097 15億3646.6 8
2013 101 898 .112 16億9136.7 7
2014 117 1016 .115 22億8282.8 5 優秀騎手賞5位
2015 76 754 .101 14億8705.4 12
2016 24 232 .103 3億8094.7 45
2017 60 778 .077 11億8706.5 17
2018 62 815 .076 12億2942.5 18
2019 20 379 .053 4億9818 50
2020 42 641 .066 7億8012.4 26
2021
中央 1382 15400 .089 255億7210.8
地方 24 250 .096

出典:JRA騎手名鑑(累計成績は2021年1月1日現在)

重賞[編集]

JRA

地方競馬


表彰・リーディング[編集]

表彰

  • 1999年
    • JRA賞(最多勝利新人騎手賞) [1]
    • 最多勝利新人騎手賞 [1]
    • フェアプレー賞(関東)[1]
    • 民放競馬記者クラブ賞(関東新人騎手賞) [1]
  • 2008年
    • フェアプレー賞(関東)[31]
  • 2014年
    • 優秀騎手賞5位

開催リーディング

  • 2012年
    • 夏の新潟競馬リーディング[32]
  • 2015年
    • 夏の福島競馬リーディング[33]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac profile”. 2015年12月28日閲覧。
  2. ^ 平成28年度 騎手免許試験合格者 (PDF)”. 日本中央競馬会 (2016年2月11日). 2016年4月6日閲覧。
  3. ^ 北村宏司のプロフィール|競馬データベース - netkeiba.com”. netkeiba.com. 2015年10月25日閲覧。
  4. ^ https://www.suzakanews.co.jp/news/contents/event/event.php?id=2889
  5. ^ 【公開模擬レース】参加騎手・イベント決定!”. 競馬学校. 2015年10月25日閲覧。
  6. ^ 北村宏司 年度別成績 - netkeiba.com、2015年12月28日閲覧
  7. ^ ダイワカーリアンの競走成績 - - netkeiba.com、2015年12月28日閲覧
  8. ^ 過去G1成績 ヴィクトリアマイル -- JRA公式サイト、2015年12月28日閲覧
  9. ^ 北村宏司騎手らが所属変更、フリーに
  10. ^ 三浦皇成騎手がJRA通算10000回騎乗達成 | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2021年8月22日閲覧。
  11. ^ 北村宏騎手が自身初のJRA年間100勝を達成!
  12. ^ 北村宏司騎手がJRA通算1000勝達成 - netkeiba.com、2015年12月28日閲覧
  13. ^ 異常事態? 重賞未勝利馬が秋GI4連勝 秋の盾は10年ぶり藤沢和厩舎スピルバーグ - スポーツナビ、2015年12月28日閲覧
  14. ^ 北村宏司騎手が年間100勝を重賞の舞台で達成!
  15. ^ 北村宏司騎手がJRA年間1000回騎乗達成 - netkeiba.com、2015年12月28日閲覧
  16. ^ 2014年度 リーディングジョッキー(全国)【勝利度数順】
  17. ^ イギリスで騎乗した北村宏司騎手「本当に良い経験になりました」
  18. ^ “【菊花賞】キタサンブラック快勝!北村宏は悲願のクラシック初制覇”. スポーツ報知. (2015年10月26日). http://www.hochi.co.jp/horserace/20151025-OHT1T50196.html 2015年10月26日閲覧。 
  19. ^ https://search.yahoo.co.jp/amp/s/news.sp.netkeiba.com/%3Fpid%3Dnews_view_amp%26no%3D104958%26usqp%3Dmq331AQQKAGYAayU-Mr0wdm3OLABIA%253D%253D [リンク切れ]
  20. ^ 北村宏 再び休養…左膝軟骨除去へ
  21. ^ 落馬負傷の北村宏、新潟でレース復帰
  22. ^ [1]
  23. ^ 【JRA】落馬負傷の北村宏司騎手は右足骨折の診断 | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2021年6月22日閲覧。
  24. ^ 重賞レース一覧 2010年”. 日本中央競馬会. 2015年10月25日閲覧。
  25. ^ 重賞レース一覧 2011年”. 日本中央競馬会. 2015年10月25日閲覧。
  26. ^ 重賞レース一覧 2012年”. 日本中央競馬会. 2015年10月25日閲覧。
  27. ^ 重賞レース一覧 2013年”. 日本中央競馬会. 2015年10月25日閲覧。
  28. ^ 重賞レース一覧 2014年”. 日本中央競馬会. 2015年10月25日閲覧。
  29. ^ 重賞レース一覧 2015年”. 日本中央競馬会. 2015年10月25日閲覧。
  30. ^ 重賞レース一覧 2017年”. 日本中央競馬会. 2017年9月25日閲覧。
  31. ^ 競馬ブックコーナー”. 競馬ニホン. 2015年10月25日閲覧。
  32. ^ 米俵にニッコリ!北村宏 新潟リーディング
  33. ^ 開催競馬場・今日の出来事 7月26日”. 日本中央競馬会. 2015年10月25日閲覧。

関連項目[編集]