北村淳 (軍事評論家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

北村 淳(きたむら じゅん、1958年[1] - )は、アメリカ合衆国に活動拠点を置く日本の軍事コンサルタント[2]、戦争平和社会学者[3]

経歴[編集]

東京都に生まれ、東京学芸大学教育学部を卒業して、警視庁公安部などに勤務した[1][2][3]1989年北アメリカに渡り、ハワイ大学ブリティッシュ・コロンビア大学で助手などを務めた後、戦争発生メカニズムの研究によりブリティッシュコロンビア大学から政治社会学Ph.D.を取得した[3]アメリカ合衆国ワシントン州シアトルを拠点に軍事コンサルタントとして活動するかたわら、日本語での著書も多数刊行している[2][3]

おもな主張[編集]

おもな著書[編集]

  • 中国の東シナ海侵攻戦略(海洋主義国防戦略レポートシリーズ)、海軍戦略センター、2004年
  • 海の生命線:日本に原油・天然ガスが届かなくなる日:オイルシーレーン防衛ハンドブック、明成社、2008年
  • 米軍が見た自衛隊の実力、宝島社、2009年
  • 島嶼防衛:われらいかにして守るのか、明成社、2012年
  • 尖閣を守れない自衛隊、宝島社(宝島社新書)、2012年
  • 巡航ミサイル1000億円で中国も北朝鮮も怖くない、講談社講談社+α新書)、2015年
  • トランプと自衛隊の対中軍事戦略:地対艦ミサイル部隊が人民解放軍を殲滅す、講談社(講談社+α新書)、2018年

編著[編集]

  • 写真で見るトモダチ作戦、並木書房、2011年
  • 海兵隊とオスプレイ、並木書房、2012年
  • (北村愛子との共編著)アメリカ海兵隊のドクトリン、芙蓉書房出版、2009年

共訳書[編集]

  • (北村愛子との共訳書)米国国家情報会議 編、グローバル・トレンド2025:変貌する世界、並木書房、2010年

脚注[編集]

  1. ^ a b 北村淳の記事”. 朝日新聞社. 2019年3月6日閲覧。
  2. ^ a b c トランプ政権と日本の国防の基本姿勢(日本の息吹4月号より)”. 日本会議. 2019年3月6日閲覧。
  3. ^ a b c d 北村 淳”. Japan Business Press Co.,Ltd.. 2019年3月6日閲覧。
  4. ^ 巡航ミサイル1000億円で中国も北朝鮮も怖くない 講談社+α新書”. 講談社. 2019年3月6日閲覧。
  5. ^ 北村淳 (2018年8月16日). “米戦略家たちの常識は「陸自は縮小が必要」 余剰人員で「災害救援隊」を創設せよ”. Japan Business Press Co.,Ltd.. 2019年3月6日閲覧。
  6. ^ 渡部悦和 (2018年8月17日). “陸上自衛隊は「縮小」ではなく「活用」が日本のため 海外で活動する米国と国内防衛の日本では役割が全く違う”. Japan Business Press Co.,Ltd.. 2019年3月7日閲覧。 - 渡部悦和による反論