北村秀治郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 北村秀治郎 八段
名前 北村秀治郎
生年月日 (1907-12-15) 1907年12月15日
没年月日 (1982-05-01) 1982年5月1日(74歳没)
プロ入り年月日 1944年1月1日(36歳)(四段)
棋士番号 38
出身地 大阪府大阪市
師匠 神田辰之助九段
段位 八段
戦績
2017年8月22日現在

北村 秀治郎(きたむら ひでじろう、1907年12月15日 - 1982年5月1日)は、将棋棋士、八段。神田辰之助九段門下。棋士番号は38。大阪府大阪市の生まれ。

棋歴[編集]

1931年、神田に入門し、1944年に四段となる(プロ昇格)。

順位戦には第1期(1946年度)から参加し、C級でのスタート。まだC級が1組・2組に分かれる前であったため、翌1947年、自動的に五段に昇段。さらに第2期(1947年度)C級順位戦ではC級上位の成績を収め、次期に分かれるC級の1組に振り分けられることとなり、六段昇段。その頃、「精鋭トーナメント戦」で優勝している。

第4期(1949年度)C級1組順位戦では7勝1敗・1位の成績を挙げ、B級に昇級するとともに七段に昇段。第6期(1951年度)B級順位戦では8勝4敗の成績を収め、第7期で新設のB級1組に振り分けられる。しかし、第8期(1953年度)B級1組では最下位となり、B級2組へ即降級。以降、順位戦における昇級(復帰)はない。

第9回(1965年)古豪新鋭戦でベスト4。第13回古豪新鋭戦では決勝(1969年11月8日)で関屋喜代作に勝ち、優勝。

第26期(1971年度)C級2組順位戦では北村を含む3名が6勝2敗のトップで終えたが、前期の不振によりリーグ表で他の2名より下位であった北村は次点となり、C級1組に昇級(復帰)できなかった[1]

1974年度、第5回早指し将棋選手権で、久々に棋戦の予選を抜け、本戦では2回戦進出。一方、同年度の第29期(1974年度)C級2組順位戦で降級する[2]。しかし、1975年度以降も順位戦以外では指し続け、1982年に現役のまま死去(急性心不全)。享年74。

昇段履歴[編集]

  • 1931年 入門
  • 1944年1月1日 四段 = プロ入り
  • 1947年5月10日 五段(順位戦C級)
  • 1948年4月1日 六段(順位戦C級上位)
  • 1950年4月1日 七段(順位戦B級昇級)
  • 1977年11月 八段

主な成績[編集]

  • 順位戦 自己最高B級1組

棋戦優勝[編集]

  • 精鋭トーナメント戦 1回(1947年)
  • 古豪新鋭戦 1回(1969年 = 第13回)
優勝合計 2回

出典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 尚、北村は当期順位戦を降級点2個を累積した状態で迎えたが、勝ち越したことで規定に基づき降級点を1個抹消した。64歳を迎えた年度における降級点抹消は、2015年度終了時点で、降級点制度が存在する全階級(B級2組・C級1組・C級2組)通して最高齢記録である。
  2. ^ 北村の当時の年齢は68歳で、現行(1994年度以降)の順位戦規定(フリークラス規定)に基づくと、順位戦C級2組からの降級と同時に、現役引退となるケースだが、当時はまだフリークラス制度が存在せず、順位戦C級2組からの降級後も年齢に関係なく順位戦以外の棋戦に続けて出場できた。

関連項目[編集]