北村総一朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
きたむら そういちろう
北村 総一朗
本名 北村 総一郎
生年月日 (1935-09-25) 1935年9月25日(85歳)
出生地 日本の旗 日本高知県高知市[1]
身長 172 cm
血液型 A型
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ映画舞台
活動期間 1960年代 -
配偶者 磯辺万沙子
主な作品
テレビドラマ
スクール☆ウォーズ
踊る大捜査線』シリーズ
スチュワーデス刑事
京都迷宮案内』シリーズ
ビギナー
映画
踊る大捜査線 THE MOVIE
踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!
容疑者 室井慎次
アウトレイジ
テンプレートを表示

北村 総一朗(きたむら そういちろう、1935年9月25日[2][3][4] - )は、日本俳優[3]。本名及び旧芸名は北村 総一郎(読み同じ)[5][2][6]

高知県出身[3][2][5]。身長は172cm[2][3]血液型A型[7]高知大学[5][2]農学部卒業[7]。妻は磯辺万沙子[6]劇団昴に所属[5]

人物[編集]

土佐中学在学時に、劇団民藝の『セールスマンの死』を観劇したことがきっかけで役者の道を志す。土佐高校卒業後に高知大学農学部に入学し、同大学の演劇研究会に所属。同時期に放送局の放送劇団に入り、俳優の傍ら放送劇も書くようになる。24歳の時に上京し、1961年文学座に研究生として入る[6]。同期には岸田森寺田農橋爪功草野大悟樹木希林小川真由美などがいる[8]。のちに劇団雲を経て劇団昴に所属[6]。初舞台はシェイクスピア原作『ジュリアス・シーザー』の市民役だったが、同舞台でブルータス役を演じた小池朝雄の言葉の美しさ・説得力に圧倒されたという。

若い頃は颯爽とした役柄も多く、『これが青春だ』の主役の最終候補まで残った[9]。しかしながら、なかなか大役に恵まれず、地道に脇役として活動。 洋画や海外TVドラマの吹き替えにも数多く出演した。

1975年に劇団昴に参加。1987年、同劇団所属の磯辺万沙子と結婚する。

1997年、『踊る大捜査線』での神田総一朗署長役で一躍人気役者となり、共演した小野武彦斉藤暁の3人合わせて「スリーアミーゴス」と称され[6]バラエティー番組CMイベントへと引っ張りだことなる[要出典]

1999年からは『京都迷宮案内』に出演。同期で親友の橋爪と共演し、シリーズを通じてレギュラー出演し続けた。また、フジテレビの『笑っていいとも!』のレギュラーを1年務めた。

下戸のため、「高知時代は歯がゆい思いをすることも多かった」と述べている[要出典]

2008年4月6日、『踊る大捜査線』の署長役が起縁となり東京湾岸警察署一日署長に任命された。[10]

2010年北野武監督の『アウトレイジ』で関東の巨大組織・山王会会長役を好演。

2013年8月中旬に前立腺ポリープ内視鏡手術を受けたところ、前立腺癌のため、早期の前立腺全摘出手術が必要と診断され、10月上演予定の舞台を降板[11]。療養を経て、2014年より復帰した旨を自身のブログで伝えている。2016年の池袋東京芸術劇場で公演された『街と飛行船』の町長役で舞台復帰する。

2017年には初の舞台演出に取り組み、新藤兼人監督の映画『ふくろう』の舞台版を、翌2018年には坂口安吾とその妻・三千代をモデルにした『改訂版 無頼の女房』を演出した。

特技は土佐弁[5][2]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

NHK[編集]

日本テレビ[編集]

  • これが青春だ(1966年) - 山岸
    • 第1話「海から来た男」
    • 第31話「メリーさんがやってきた」
  • ある日わたしは(1968年) - 宗方(丸福金融商事社員)
    • 第18話「寄り添う星影」
    • 第19話「ポンコツの歌」
  • 子連れ狼 第二部 第20話「乳房あらため」(1974年) - 伏谷武吉
  • 白い牙 第20話「暗黒街の刑事」(1974年)
  • 傷だらけの天使 第2話「悪女にトラック一杯の幸せを」(1974年) - 中光商事社員
  • おんな浮世絵・紅之介参る! 第5話「抜忍有情」(1974年)
  • スーパーロボット マッハバロン 第9話「ガラスのスーパーロボット」(1974年) - 中尾博士
  • 水もれ甲介 第10話「チャミーがこわい!」(1974年) - 矢沢
  • 長崎犯科帳 第1話「すごい男がやって来た」(1975年) - 長尾神吉
  • 大都会 闘いの日々 第22話「スター」(1976年) - FM関東プロデューサー
  • ゼロの焦点(1976年) - 鵜原憲一
  • 気まぐれ天使
    • 第11話「海の向こうに何がある?」(1976年) - 木下良一
    • 第32話「母をたずねて今日も又」(1977年) - プレジール社員
  • いろはの"い" 第21話「流れ星」(1976年) - 上田
  • 太陽にほえろ!
    • 第280話「狼」(1977年) - 田代信一
    • 第396話「記念樹」(1980年) - 田所雅和
    • 第465話「裏の裏」(1981年) - 河合次長(東都銀行矢追支店)
    • 第500話「不屈の男たち」(1982年) - 吉行圭介(日本音楽大学教授)
    • 第538話「七曲署・1983」(1983年) - 久野隆夫
    • 第561話「12年目の真実」(1983年) - 戸田事務長
    • 第612話「怒れる狙撃者」(1984年) - 坂口秀男(東方会館支配人)
    • 第624話「張り込み」(1984年) - 水谷信幸
    • 第691話「さらば! 山村刑事」(1986年) - 東洋新聞社政治部記者
    • 太陽にほえろ! PART2 第5話「長さんの長い午後」(1986年) - 岩元伊佐男(東亜証券営業課長)
  • 新五捕物帳
    • 第61話「祭り囃子に来た男」(1979年) - 定吉
    • 第190話「甦った幸せ」(1982年)
  • 俺たちは天使だ! 第10話「運が良ければ特ダネだ」(1979年) - 川村経理課長
  • ちょっとマイウェイ 第19話「女を売りものにしないわよ」(1980年) - ブティックのマネージャー
  • 桃太郎侍 第215話「生みの親より育ての親か」(1980年) - 榊原信濃守
  • プロハンター 第6話「俺の愛した赤い靴」(1981年) - 山田
  • 右門捕物帖 第26話「日陰に咲いた花ひとつ」(1983年)
  • 素晴らしきサーカス野郎(1984年)
  • 事件記者チャボ! 第15話「やったぜ! チャボの名探偵…」(1984年) - 田山社長
  • こんな学園みたことない! 第24話「涙の別れ!さやか先生!」(1988年) - 山本視察官
  • 長七郎江戸日記
    • 第2シリーズ 第49話「奇妙な息子」(1989年) - 加納与之助
    • 第3シリーズ SP-2「虫ケラ一匹なればこそ、最後の剣舞い」(1991年) - 尾上右近
  • 八百八町夢日記 第1シリーズ
    • 第4話「空蝉が飛んだ」(1989年) - 三倉屋
    • 第17話「父は強かった」(1990年) - 奏者番・間部伊予守
  • いけない女子高物語(1990年1月 - 3月) - 大曲教頭
  • 検事・若浦葉子 第9話「証言法廷、殺された息子を返して!」(1991年)
  • ジェラシー(1993年) - 矢沢副院長
  • 父子鷹(1994年1月 - 3月) - 岡野江雪
  • 禁断の果実(1994年7月 - 9月) - 北河
  • 俺たちの旅 二十年目の選択(1995年) - 吉村
  • グッドラック 最終話「パチンコ娘涙の一発大逆転」(1996年) - 黒部興産専務・佐久間英司
  • 甘い生活。(1999年) - 深町克巳
  • 伝説の教師(2000年)
  • 向井荒太の動物日記 〜愛犬ロシナンテの災難〜(2001年1月 - 3月) - 東野伊織
  • ギンザの恋(2002年) - 登竜門衛
  • 火曜サスペンス劇場
    • 球形の荒野(1981年)
    • 悪夢の花嫁(1987年)
    • 女検事 霞夕子
      • 女検事 霞夕子4 「美しき容疑者」(1987年12月22日) - 横山剛
      • 女検事 霞夕子10「闇の演出」(1993年8月17日) - 柏田剛
    • 浅見光彦ミステリー6「唐津佐用姫伝説殺人事件」(1989年7月11日) - 安田梅太郎
    • サンタクロース殺人事件(1990年12月25日) - 権藤編集長
    • 女監察医・室生亜季子11「歪んだ告白」(1992年4月14日) - 坂田
    • 地方記者・立花陽介
      • 地方記者・立花陽介3「釜石遠野通信局」(1994年5月24日) - 三井義一
      • 地方記者・立花陽介11「山陰出雲通信局」(1998年6月9日) - 畑中刑事
    • 悪女の階段(1996年1月23日) - 浜敬次郎
    • 尽くす女(1996年9月24日) - 遠藤弘市
    • 身辺警護
      • ゲスト
        • 身辺警護1(1998年4月14日) - 沢口幹夫
      • 野田浩三
        • 身辺警護11(2002年9月3日)
        • 身辺警護12(2003年8月19日)
    • 救急指定病院8(1998年5月26日) - 中辻邦夫
    • 軽井沢ミステリー1「待っていた女」(2001年11月13日) - 黒川龍彦

TBS[編集]

  • 光る海(1965年2月 - 5月)
  • ザ・ガードマン
    • 第55話「知らない街」(1966年)
    • 第69話「宝島は太陽の下に」(1966年)
    • 第98話「現金輸送車絶体絶命」(1967年)
    • 第134話「影なき殺人命令」(1967年)
    • 第167話「停年殺人」(1968年)
    • 第190話「銀行は真昼に襲え」(1968年)
    • 第212話「消えた現金に手を出すな」(1969年)
    • 第233話「殺人ガスの恐怖が降ってくる」(1969年)
    • 第284話「ヨーロッパで顔を失った男」(1970年)
    • 第324話「ズッコケ娘にホトホトまいった」(1971年)
  • 第28話「暮れ六ツまで」(1968年)
  • キイハンター 第163話「南の海を渡る殺人部隊」(1971年)
  • 白い滑走路(1974年) - 佐島稔
  • Gメン'75
    • 第44話「警視庁警視の妻の犯罪」(1976年) - 小田切と海部警視の同期生A
    • 第313話「聖女たちの殺人トリック」(1981年) - 捜査主任
  • 夜明けの刑事
    • 第51話「夫が誰かに殺される!!」(1975年) - 金村
    • 第68話「暴力亭主と別れる方法」(1976年) - 浜本健一
  • 水戸黄門
    • 第10部 第3話「狐が化けたお姫様 -小田原-」(1979年8月27日) - 二宮八郎
    • 第12部 第1話「讃岐への旅立ち -水戸・江戸-」(1981年8月31日) - 小笠原伊織
    • 第13部 第16話「死を賭けた裏切り -鳥取-」(1983年1月31日) - 河野三平
  • 大岡越前
    • 第6部(1982年)
      • 第5話「義賊業平小僧」 - 梅次郎
      • 第18話「幽霊屋敷を訪ねた女」 - 与吉
    • 第8部 第19話「闇夜に咲いた魔性の女」(1984年11月26日) - 疋田郡兵衛
  • 宣告(1984年)
  • スクール☆ウォーズ(1984年10月 - 1985年4月) - 奥寺俊也(イソップの父)
  • 乳姉妹(1985年4月 - 1985年10月)
  • 夏の嵐!(1992年) - 弓岡代議士
  • ぽっかぽか1〜3(1994年 - 1997年) - 鮫島専務
  • 輝きを忘れない(1997年)
  • 理想の上司 最終話「さよなら流れ星」(1997年)
  • PU-PU-PU- 第8話「親父を殴る」(1998年) - 中沢洋一
  • 天国に一番近い男(1999年 - 2001年) - 結城純一・三波賢也
  • サラリーマン金太郎(2000年) - 東山会長
  • 明智小五郎対怪人二十面相(2002年) - 北小路博士
  • 赤い疑惑(2005年) - 杉岡太一朗
  • ガチバカ!(2006年1月 - 3月) - 辻堂健一郎
  • 弁護士のくず(2006年4月 - 6月) - 白石誠
  • 月曜ドラマスペシャル月曜ミステリー劇場月曜ゴールデン月曜名作劇場
    • 拝啓オグリキャップ様(1991年9月30日)
    • 脅迫(1992年12月14日)
    • 京都埋蔵金伝説殺人事件(1996年4月22日)
    • ど素人刑事殺人事件簿 慕情編(1996年8月5日) - 山岡警部
    • 保険調査員 しがらみ太郎の事件簿2「金沢・能登殺人事件」(1996年10月21日) - 佐藤武雄
    • 獄門島(1997年5月5日) - 荒木真喜平(村長)
    • 松本清張特別企画・聞かなかった場所(1997年7月7日) - 局長
    • 税務調査官・窓際太郎の事件簿シリーズ - 森村真一郎
      • 税務調査官・窓際太郎の事件簿1(1998年6月8日)
      • 税務調査官・窓際太郎の事件簿2(1999年2月15日)
      • 税務調査官・窓際太郎の事件簿3(1999年6月21日)
      • 税務調査官・窓際太郎の事件簿4(2000年2月28日)
      • 税務調査官・窓際太郎の事件簿5(2000年7月3日)
      • 税務調査官・窓際太郎の事件簿6(2001年2月5日)
      • 税務調査官・窓際太郎の事件簿7(2001年6月11日)
      • 税務調査官・窓際太郎の事件簿8(2002年1月14日)
      • 税務調査官・窓際太郎の事件簿9(2002年12月23日)
      • 税務調査官・窓際太郎の事件簿10(2003年5月19日)
      • 税務調査官・窓際太郎の事件簿11(2004年2月23日)
      • 税務調査官・窓際太郎の事件簿12(2005年1月10日)
      • 税務調査官・窓際太郎の事件簿13(2005年9月26日)
      • 税務調査官・窓際太郎の事件簿14(2006年8月21日)
      • 税務調査官・窓際太郎の事件簿15(2007年1月8日)
      • 税務調査官・窓際太郎の事件簿16(2007年10月1日)
      • 税務調査官・窓際太郎の事件簿17(2008年9月8日)
      • 税務調査官・窓際太郎の事件簿18(2009年4月20日)
      • 税務調査官・窓際太郎の事件簿19(2009年10月12日)
      • 税務調査官・窓際太郎の事件簿20(2010年3月22日)
      • 税務調査官・窓際太郎の事件簿21(2010年11月1日)
      • 税務調査官・窓際太郎の事件簿22(2011年6月27日)
      • 税務調査官・窓際太郎の事件簿23(2011年12月19日)
      • 税務調査官・窓際太郎の事件簿24(2012年11月12日)
      • 税務調査官・窓際太郎の事件簿25(2013年7月15日)
      • 税務調査官・窓際太郎の事件簿26(2014年2月24日)
      • 税務調査官・窓際太郎の事件簿27(2014年7月28日)
      • 税務調査官・窓際太郎の事件簿28(2015年1月26日)
      • 税務調査官・窓際太郎の事件簿29(2015年7月20日)
      • 税務調査官・窓際太郎の事件簿30(2016年4月11日)
      • 税務調査官・窓際太郎の事件簿31(2016年12月12日)
      • 税務調査官・窓際太郎の事件簿32(2017年5月8日)
      • 税務調査官・窓際太郎の事件簿33(2018年3月5日)
      • 税務調査官・窓際太郎の事件簿34(2018年8月6日)
      • 税務調査官・窓際太郎の事件簿スペシャル(2020年12月6日、BS-TBS
    • 斜光(1998年6月22日)
    • ミニパト婦警の事件簿「違法駐車殺人事件」(1998年12月7日) - 柏木明
    • 家庭欄記者・鍋嶋六郎II(2000年6月26日) - 芥川文和
    • 駅前タクシー湯けむり事件案内シリーズ - 梅沢清吉
      • 駅前タクシー湯けむり事件案内1(2003年2月17日)
      • 駅前タクシー湯けむり事件案内2(2004年8月16日)
      • 駅前タクシー湯けむり事件案内3(2005年8月8日)
    • 女タクシードライバーの事件日誌シリーズ - 大城重雄
      • 女タクシードライバーの事件日誌1「殺意の交差点」(2003年9月10日)
      • 女タクシードライバーの事件日誌2「作られた目撃者」(2004年7月26日)
      • 女タクシードライバーの事件日誌3「届かなかった手紙」(2005年2月28日)
      • 女タクシードライバーの事件日誌4「殺意を運ぶ紙ヒコーキ」(2009年3月9日)
      • 女タクシードライバーの事件日誌5「車載カメラは見た!」(2010年11月29日)
      • 女タクシードライバーの事件日誌6「スカイツリーは見ていた!」(2012年1月16日)
      • 女タクシードライバーの事件日誌7「小さな乗客 断ち切られた家族の絆」(2014年9月1日)
    • やとわれ女将 菊千代の事件簿1(2004年6月21日) - 四条春男
    • 女教師探偵・西園寺リカの殺人ノート(2008年5月19日) - 西園寺幸彦
    • 弁護士 一之瀬凛子シリーズ - 白旗勉
      • 弁護士 一之瀬凛子1(2008年6月30日)
      • 弁護士 一之瀬凛子2(2010年1月18日)
      • 弁護士 一之瀬凛子3(2010年12月6日)
    • ご近所探偵・五月野さつき4「旅立ちの代償」(2009年8月3日) - 沢田大二郎
    • 大家だけが知っている! 〜幸多福子の下町事件簿〜(2010年8月2日) - 幸多源太郎
    • 浅見光彦シリーズ31「箸墓幻想」(2012年9月3日) - 小池拓郎
    • 京都殺人授業(2013年2月18日) - 宇田川粂吉
    • ホームドクター・神村愛2(2013年8月26日) - 斉藤久治
    • オバチャン保険調査員 赤宮楓のマル秘事件簿(2017年8月21日) - 堂島泰造

毎日放送[編集]

フジテレビ[編集]

関西テレビ[編集]

テレビ朝日[編集]

朝日放送[編集]

テレビ東京[編集]

WOWOW[編集]

映画[編集]

Vシネマ[編集]

  • 修羅の血涙(2007年、企画・脚本:的場浩司※友情出演

舞台[編集]

テレビアニメ[編集]

劇場アニメ[編集]

吹き替え[編集]

ラジオドラマ[編集]

バラエティ[編集]

CM[編集]

主な作品[編集]

舞台[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ 『筆山の麓 土佐中高100年人物伝』2020年、土佐中高100年人物伝刊行委員会、137頁
  2. ^ a b c d e f 『日本タレント名鑑2017』VIPタイムズ社、2017年、125頁。ISBN 978-4904674086。
  3. ^ a b c d 北村総一朗”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2017年1月15日閲覧。
  4. ^ 2012年まで自身の生年は公式プロフィール上では1937年生まれと掲載されていた。
  5. ^ a b c d e 日本タレント名鑑'82』VIPタイムズ社、1981年、69頁。
  6. ^ a b c d e “日曜日のヒーロー 第427回 北村総一朗”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2004年8月22日). オリジナルの2004年8月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20040829093138/http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/interview/2004/sun040822.html 2017年1月15日閲覧。 
  7. ^ a b 北村総一朗”. プロフィール. Ameba. 2017年1月15日閲覧。
  8. ^ 『筆山の麓土佐中高100年人物伝』2020年、土佐中高100年人物伝刊行員会、138頁
  9. ^ 『筆山の麓 土佐中高100年人物伝』2020年、土佐中高100年人物伝刊行委員会、139頁
  10. ^ “北村総一朗が湾岸署の一日署長― スポニチ Sponichi Annex 芸能”. www.sponichi.co.jp (スポーツニッポン新聞社). (2008年4月6日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2008/04/06/kiji/K20080406Z00000180.html 2018年8月8日閲覧。 
  11. ^ 北村総一朗、前立腺がん治療のため舞台を降板”. シネマトゥディ. 2013年9月20日閲覧。
  12. ^ アウトレイジの上映スケジュール・映画情報|映画の時間
  13. ^ “北村総一朗が新藤兼人の映画「ふくろう」を舞台化&初演出、劇団昴で企画”. ステージナタリー. (2017年1月18日). http://natalie.mu/stage/news/217210 2017年1月18日閲覧。