北村肇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

北村 肇(きたむら はじめ、1952年3月14日 - 2019年12月23日)は、日本のジャーナリスト編集者・会社経営者毎日新聞記者、サンデー毎日編集長、週刊金曜日編集長、「株式会社金曜日」発行人を歴任。

略歴[編集]

東京都生まれ。青葉中学校、墨田高校、東京教育大学文学部日本史学科卒業。 1974年毎日新聞社に入社し、社会部デスク、サンデー毎日の編集長を歴任。 1995年8月から2年間にわたり日本新聞労働組合連合の委員長(MIC議長兼任)を務め、「新聞労連ジャーナリスト大賞」を創設、「新聞人の良心宣言」をまとめた。 2004年1月末日に毎日新聞社を退職、同2月1日より週刊金曜日の編集長に就任。 2010年10月、前社長佐高信の退任を受け、株式会社金曜日の発行人に就任。同時に編集長を退任。 2018年9月、株式会社金曜日の発行人を退任。 「九条の会」傘下の「マスコミ九条の会」呼びかけ人を務めていた[1]

2019年12月23日死去[2]。67歳没。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『腐敗したメディア』1996年、現代人文社、ISBN 4906531091
  • 『新聞記者をやめたくなったときの本』2001年、現代人文社、ISBN 4877980520
  • 『新聞記事が「わかる」技術』2003年、講談社現代新書、ISBN 4061496654
  • 『なぜかモテる親父の技術』2007年、KKベストセラーズ、ISBN 458412129X
  • 『新聞新生 ~ネットメディア時代のナビゲーター~』2010年、現代人文社、ISBN 4877984488

共著[編集]

  • 峯岸克芳『宇宙ビジネスへの挑戦』1988年、ぱる出版、ISBN 4893860143
  • 田島泰彦、今井一『市民が広げる議会公開』2008年、現代人文社、ISBN 978-4-87798-379-6
  • 週刊金曜日 (編集)『70年代』 (若者が「若者」だった時代) 2012年、金曜日、ISBN-10 4906605877
  • 岡本厚、仲築間卓蔵、丸山重威『これでいいのか! 日本のメディア』2013年、あけび書房、ISBN 9784871541183

編著[編集]

野沢和弘『発達障害とメディア』2006年、現代人文社、ISBN 4877982736

脚注[編集]

  1. ^ マスコミ九条の会(よびかけ人はだれですか)
  2. ^ “弊社前代表取締役社長 北村肇氏 の訃報について”. 週刊金曜日. (2019年12月27日). http://www.kinyobi.co.jp/news/?m=20191227 “北村肇さん死去 前「週刊金曜日」発行人兼社長”. asahi. (2019年12月27日). https://www.asahi.com/articles/ASMDW5STSMDWUTIL043.html