北条湯原道路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
地域高規格道路
(無料)
北条湯原道路
国道313号標識
地図
路線延長 約50 km
開通年 1997年 -
起点 鳥取県東伯郡北条JCT
終点 岡山県真庭市湯原IC
接続する
主な道路
(記法)
E9 山陰自動車道
E73 米子自動車道
■テンプレート(■ノート ■使い方) PJ道路

北条湯原道路(ほうじょうゆばらどうろ)は、鳥取県東伯郡北栄町から岡山県真庭市に至る、延長 約50 キロメートル (km) の地域高規格道路である。国道313号バイパス道路として整備が進められている。

概要[編集]

本道路は北条倉吉道路倉吉道路倉吉関金道路犬挟峠道路八束・湯原間で構成される。このうち開通しているのは、北条倉吉道路と犬挟峠道路の区間、倉吉道路の一部。倉吉関金道路は事業化中、八束・湯原間は計画路線となっている。なお、八束・湯原間は現道活用区間とし、既存の国道313号を改良した上で当面活用する方針で整備が行われている。

各区間の概要[編集]

以下、北条湯原道路の各区間について述べる。

北条倉吉道路[編集]

北条倉吉道路(ほうじょうくらよしどうろ)は、鳥取県の倉吉市から東伯郡北栄町に至る延長約6.1 km[1]自動車専用道路である。

2007年平成19年)3月10日に開通。2017年度より山陰道北条道路との接続区間が事業化された[2]。接続部は北条IC/JCTと弓原ハーフICが設置される。

並行していた国道313号の旧道は、2008年(平成20年)3月31日鳥取県告示第206号により、国道の指定から外され、北栄町道1329号北条北線、鳥取県道201号上井北条線、北栄町道1328号北条南線、倉吉市道和田北栄線となった[3][4]

  • 起点 : 鳥取県倉吉市和田(倉吉IC
  • 終点 : 鳥取県東伯郡北栄町弓原(北条IC/国道9号北条バイパス)
  • 延長 : 約6.1 km [1]
  • 事業期間 : 1997年(平成9年)度 - 2006年(平成18年)度
  • 総事業費 : 約210億円
  • 主要構造物 : 新よねさと橋195 m、しもつわ橋257 m、他3橋
  • 規格 : 第1種第3級
  • 道路幅員 : 暫定10.5 m(完成20.5 m)
  • 車線数 : 暫定2車線(完成4車線)
  • 車線幅員 : 3.5 m
  • 設計速度 : 80 km/h

倉吉道路[編集]

倉吉道路(くらよしどうろ)は、鳥取県倉吉市の市街地を迂回する延長約4.1 kmの自動車専用道路である。

2005年(平成17年)度に事業化し、倉吉西ICから倉吉ICまでの延長約3.3 kmが2013年(平成25年)6月8日に開通した[5]。残る小鴨ハーフIC(仮称)から倉吉西ICまでの延長約0.8 kmの区間については令和0年代前半(2020年代初め頃まで)の完成が見込まれている[6]

  • 起点 : 鳥取県倉吉市小鴨
  • 終点 : 鳥取県倉吉市和田(倉吉IC)
  • 延長 : 約4.1 km
  • 事業期間 : 2005年(平成17年)度 - 令和0年代前半(予定)
  • 規格 : 第1種第3級
  • 道路幅員 : 13.5 m
  • 車線数 : 2車線
  • 車道幅員 : 7.0 m

倉吉関金道路[編集]

倉吉関金道路(くらよしせきがねどうろ)は、鳥取県倉吉市の関金町関金宿から小鴨に至る延長約7.1 kmの自動車専用道路である。

2011年(平成23年)に事業化[7]。福山ICから小鴨ハーフIC(いずれも仮称)までの延長約3.0 kmの区間(第1期工区)については、倉吉道路の未開通部分である小鴨ハーフIC(仮称)から倉吉西ICまでの延長約0.8 kmの区間と共に、令和0年代前半(2020年代初め頃まで)の完成を見込んでおり、残る福山IC(仮称)以南の第2期工区については平成30年代後半の完成が見込まれている[8]

  • 起点 : 鳥取県倉吉市関金町関金宿大鳥居
  • 終点 : 鳥取県倉吉市小鴨
  • 延長 : 約7.1 km
  • 事業期間 : 2011年(平成23年)度 - 令和0年代後半(予定)
  • 規格 :
  • 道路幅員 :
  • 車線数 :
  • 車線幅員 :

犬挟峠道路[編集]

犬挟峠道路(いぬばさりとうげどうろ)は、岡山県真庭市蒜山下長田から鳥取県倉吉市関金町関金宿に至る延長約9.0 kmの道路である。

自動車専用道路と同等の一般道路で立体交差となっており、起終点以外の交差道路とは簡易構造のインターを介した接続となっている。一般道路のため案内標識は青色。倉吉市関金町山口の標高313 m地点に道の駅犬挟が設けられている。1997年(平成9年)10月に開通。

なお、本道路の開通によって国道313号の旧道である犬挟峠は国道の指定から外され、倉吉市関金町の関金宿から山口は鳥取県道115号常藤関金線となり、残りの区間は倉吉市道・真庭市道となった。

  • 起点 : 岡山県真庭市蒜山下長田
  • 終点 : 鳥取県倉吉市関金町関金宿
  • 延長 : 約9.0 km
  • 規格 :
  • 道路幅員 :
  • 車線数 : 2車線
  • 車線幅員 : 3.25 m

八束・湯原間[編集]

八束・湯原間(やつか・ゆばらかん)は、岡山県真庭市の蒜山下長田から禾津までの区間。

この区間については現道活用とし、既存の国道313号を改良した上で当面活用する方針。地域高規格道路計画以前に計画され、既に完成している平面道路構造の熊居バイパス湯本バイパス禾津 - 下湯原バイパスと、2012年(平成24年)度から事業化された初和下長田道路(約6.2 km)を活用する[9]

  • 起点 : 岡山県真庭市蒜山下長田
  • 終点 : 岡山県真庭市禾津(米子自動車道湯原IC
  • 延長 :
  • 規格 :
  • 道路幅員 : 8 - 11 m (有効幅員6.5 m)
  • 車線数 : 2車線
  • 車線幅員 : 3.25 m

インターチェンジなど[編集]

  • IC番号欄の背景色がである部分については道路が開通済みの区間を示している。又、施設名欄の背景色がである部分は施設が供用開始されていない、又は完成していない事を示す。なお、未開通区間の名称は仮称である。
  • 路線名の特記がないものは市町道
IC番号 施設名 接続路線名 起点から
(km)
備考 所在地
北条IC/JCT[2] E9 山陰自動車道

国道9号

0.0 事業中
(北条倉吉道路)
鳥取県 北栄町
弓原ハーフIC[2]
北栄IC 県道320号羽合東伯線 1.7
北栄南IC 4.0
倉吉IC 国道313号 6.1 倉吉市
倉吉西IC 県道34号倉吉赤碕中山線 9.4
小鴨ハーフIC[10] 県道237号仙隠岡田線 10.2 事業中
(倉吉道路)
福山IC[10] 国道313号 13.2 事業中
(倉吉関金道路)
倉吉関金道路 事業中(延長約4.0 km)
計画路線
犬挟峠道路(延長約9.0 km)
岡山県 真庭市
初和下長田道路 事業中:現道活用改築[9]
現道活用区間(熊居バイパス)
現道活用区間(湯本バイパス)
現道活用区間(禾津 - 下湯原バイパス
2 湯原IC E73 米子自動車道

歴史[編集]

  • 1994年(平成6年)12月 : 地域高規格道路の計画路線に指定。
  • 1997年(平成9年)10月 : 犬挟峠道路(鳥取県倉吉市関金町関金宿 - 岡山県真庭市蒜山下長田)が開通。
  • 2005年(平成17年)度 : 倉吉道路を事業化。
  • 2007年(平成19年)3月10日 : 北条倉吉道路(北条IC - 倉吉IC)が開通。
  • 2008年(平成20年)3月31日 : 鳥取県告示第206号により、北条倉吉道路(北条IC - 倉吉IC)が国道313号の本線となり、並行していた旧道は国道指定を解除[3]
  • 2011年(平成23年) : 倉吉関金道路を事業化。
  • 2012年(平成24年)度 : 初和下長田道路を事業化[11]
  • 2013年(平成25年)6月8日 : 倉吉道路(倉吉IC - 倉吉西IC)が開通[12]
  • 2016年(平成28年)10月21日 : 鳥取県中部地震が発生、自動車専用道路区間(北条倉吉道路、倉吉道路)が損傷。
  • 2017年(平成29年)7月28日 : 自動車専用道路区間が全線復旧[13]

路線状況[編集]

車線・最高速度[編集]

区間 車線

上下線=上り線+下り線

最高速度
北条IC - 倉吉西IC 2=1+1

(暫定2車線)

70 km/h

休憩施設[編集]

休憩施設として本道沿いに道の駅が設置されている。道の駅犬挟 がある。

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b 鳥取県の高規格幹線道路網図 (pdf)”. 鳥取県県土整備部道路企画課・道路建設課 (2013年5月1日). 2013年5月19日閲覧。
  2. ^ a b c 第150回 鳥取県都市計画審議会 議事録”. 2016年12月27日閲覧。
  3. ^ a b 平成20年3月31日付鳥取県公報号外第46号 (pdf)”. 鳥取県 (2008年3月31日). 2016年1月25日閲覧。
  4. ^ 地域整備室関係様式 町道路線網図”. 北栄町. 2016年1月27日閲覧。
  5. ^ 一般国道313号「倉吉道路」の倉吉IC~倉吉西IC間が開通しました(鳥取県道路企画課・道路建設課)
  6. ^ 倉吉道路(鳥取県中部総合事務所県土整備局)
  7. ^ 新規事業採択時評価(平成23年度新規事業化箇所) 一般国道313号倉吉関金道路 (PDF) (2011年4月30日閲覧)
  8. ^ 倉吉関金道路(鳥取県中部総合事務所県土整備局)
  9. ^ a b 岡山県が実施している道路改築事業(北条湯原道路)”. 2015年1月15日閲覧。
  10. ^ a b 一般国道313号 倉吉関金道路 (鳥取県) (PDF) (2011年4月30日閲覧)
  11. ^ 蒜山地域6・2キロ拡張 北条湯原道路 - さんようタウンナビ - 山陽新聞 (2012年2月19日閲覧)
  12. ^ 一般国道313号「倉吉道路」の倉吉IC〜倉吉西IC間が開通します(鳥取県ウェブサイト、2013年5月2日閲覧)
  13. ^ “【鳥取】自動車専用道の復旧完成 中部の復興に大きな励み 国道313号”. 日刊建設工業新聞. 地方建設専門紙の会. (2017年7月31日). http://www.senmonshi.com/archive/02/02D3WRWKRNRPK7.asp 2017年8月14日閲覧。 

関連項目[編集]