北条新九郎 (氏政長男)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
北条 新九郎
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 弘治元年11月8日1555年12月20日
死没 弘治3年(1557年)?
氏族 後北条氏桓武平氏
父母 父:北条氏政、母:黄梅院武田信玄の娘)
兄弟 新九郎氏直太田源五郎氏房千葉直重直定、妹(千葉邦胤室)
義妹:鶴姫(里見義頼正室)

北条 新九郎(ほうじょう しんくろう)は、戦国時代後北条家の一族。北条氏政の子で、北条氏康の孫。武田信玄外孫に当たる。

生涯[編集]

弘治元年(1555年)11月8日に、北条氏政とその正室である黄梅院の長男として生まれた[1][2]。『勝山記』には「甲州晴信公御満足大慶此の事に候」とあり、長女の黄梅院が無事に子供を産んだこと、しかもその子が将来後北条家の跡取りとなり、武田家と北条家の友好が永続するであろうことを喜んだという[2]

弘治3年(1557年)11月19日、晴信は「晴信息女北条氏政妻、産に当たり平安に無病延命ならば、則ち来る歳戊午夏6月より長く船津の関鎖を抜くべし」と、富士浅間大菩薩に黄梅院の安産を願った(『冨士御室浅間神社文書』)。これは黄梅院の安産と無病で延命するようにとの願いをこめて、翌年(永禄元年(1558年))から永く富士参詣の人々が通る船津(現在の山梨県南都留郡富士河口湖町)の関所を廃止するというものである[3]

この新九郎はその後史料に登場しない上、晴信がこのような願文を提出していることから、夭折したものと推測されている[1][2]。のち、永禄5年(1562年)に生まれた同母弟が新九郎の仮名と氏政嫡男の座を継ぎ、氏直と名乗って氏政の跡を継いだ。

脚注[編集]

  1. ^ a b 黒田 2012, p. 166,192.
  2. ^ a b c 笹本 2005, p. 125.
  3. ^ 笹本 2005, p. 126.

参考文献[編集]

書籍
史料
  • 『勝山記』
  • 『冨士御室浅間神社文書』