北条時氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
 
北条時氏
Hōjō Tokiuji.jpg
北条時氏像
時代 鎌倉時代前期
生誕 建仁3年(1203年[1]
死没 寛喜2年6月18日[2]1230年7月29日
別名 武蔵太郎[3]
戒名 月輪寺禅阿
官位 従五位下、修理亮若狭守護
幕府 鎌倉幕府六波羅探題北方
主君 源実朝藤原頼経
氏族 北条氏得宗
父母 父:北条泰時、母:三浦義村の娘・矢部禅尼[2]
兄弟 時氏時実公義三浦泰村室、女子(足利義氏室)、女子(北条朝直室)、女子(池頼清室)、他
異父弟:三浦盛時
正室安達景盛の娘・松下禅尼[3][2]
経時時頼時定檜皮姫九条頼嗣室)、娘(足利泰氏室)、娘(北条時定室)、娘(北条時隆室)
テンプレートを表示

北条 時氏(ほうじょう ときうじ)は、鎌倉時代前期の北条氏の一門。鎌倉幕府3代執権北条泰時の長男。

生涯[編集]

建仁3年(1203年)、北条泰時(後の第3代執権)の長男として生まれる[4]

承久3年(1221年)の承久の乱では父・泰時とともに東海道を攻め上り[2][3]、5月21日に18騎で最初から従軍する[5]。この乱の最中である6月14日の宇治川合戦では朝廷方の激しい抵抗と宇治川の急流で幕府軍が苦戦している中で自ら宇治川を敵前渡河する功績を立てた[6][7][3]

貞応3年(1224年)6月、父が第3代執権として鎌倉に戻ったため、入れ替わりで六波羅探題北方に任じられて京都に赴任する[2][3]

嘉禄3年(1227年)4月20日に修理亮に任官し(『六波羅守護次第』)[1]安貞元年(1228年)には若狭国の守護となり[1]、第4代執権となることを期待されていた[3]

時氏の六波羅探題在任中は承久の乱の余波で治安が乱れており、京都の警備担当者として取り締まりに当たる一方、得宗家の嫡子である事から南北両探題の主導的立場にある執権探題として在職した[8]

ところが、寛喜元年(1229年)3月23日、時氏の配下である三善為清(壱岐左衛門尉)が借金の返済を巡ってトラブルとなり、貸主である日吉二宮社の僧侶を殺害してしまう。また、その際に両者の従者も争って為清の従者も殺害された。日吉二宮社の本所である延暦寺は為清の引渡を求め、六波羅探題も従者殺害の下手人の引渡を求めて対立、延暦寺の僧兵と六波羅探題の武士が衝突する騒ぎとなり、天台座主尊性法親王は事態の収拾に責任が持てないと辞任してしまう。泰時は事件に関わった三好為清と同僚1名の配流を朝廷に申し入れようとするが、時氏はこれに激しく抵抗したために処分が決定したのは6月になってからとなった[9]

寛喜2年(1230年)3月28日に六波羅探題在職中に病に倒れて鎌倉へ戻った[10][1]。『六波羅守護次第』では鎌倉へ下向中の宮路山(現在の愛知県豊川市)で発病したとされる。その一方で、この年の『吾妻鏡』閏正月26日条には滝口に人がいないという口実で有力御家人の子弟を上洛させており、これを泰時が延暦寺と対立して朝廷の意向にも抵抗した時氏を六波羅探題から更迭するための布石であったとする見方もある[11]。また、3月11日の段階で時氏の後任として北条重時が京都に派遣され、これに先立つ2月19日にはこれを祝う犬追物由比ヶ浜が開かれているため、時氏の交替は2月時点では既に決められていた可能性が高い[12]。ただし、騒動から1年後の更迭は時氏の廃嫡を意図したものではなく、いずれは泰時の後継者として鎌倉での要職に就かせることを念頭に置いたとも考えられる[13]

泰時は様々な治療や祈祷を行なったが、回復せずに6月18日戌刻(午後8時頃)に父に先立って死去した。享年28[10][14]。藤原定家は『明月記』6月10日条に時氏は消渇病(糖尿病)であると記しており、糖尿病の悪化が尿毒症などの腎臓系の病気の引き起こした可能性が指摘されている[15]。奇しくも3年前に暗殺された弟の時実と同日の死であった[7][10]

時氏の遺骸は6月19日の寅刻(午前4時頃)に大慈寺の傍にある山麓に葬られた[10]

泰時は後継者として期待していた愛児に先立たれて悲しんだという[7][16]。また関東では時氏の死を悼んで出家する者が数十人にのぼったという(『明月記』6月29日条)。

第4代執権には時氏の長男・経時が就任した。

経歴[編集]

※ 日付=旧暦

  • 元仁元年(1224年)6月29日、幕府の六波羅探題北方に赴任。
  • 安貞元年(1227年)4月20日、従五位下に叙し、修理権亮に任官。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 安田 1990, p. 542.
  2. ^ a b c d e 安田 1990, p. 543.
  3. ^ a b c d e f 高橋 2013, p. 2.
  4. ^ 高橋 2013, p. 1.
  5. ^ 上横手 1988, p. 26.
  6. ^ 上横手 1988, p. 38.
  7. ^ a b c 上横手 1988, p. 75.
  8. ^ 高橋 2013, p. 6.
  9. ^ 石井、2020年、P134-141.
  10. ^ a b c d 高橋 2013, p. 12.
  11. ^ 石井、2020年、P141-143.
  12. ^ 石井、2020年、P143-144.
  13. ^ 石井、2020年、P150.
  14. ^ 上横手 1988, p. 74.
  15. ^ 石井、2020年、P154・161-162.
  16. ^ 高橋 2013, p. 13.

参考文献[編集]

  • 上横手雅敬『北条泰時』吉川弘文館人物叢書〉、1988年(原著1958年)、新装版。ISBN 4-642-05135-X。
  • 高橋慎一朗『北条時頼』吉川弘文館〈人物叢書〉、2013年。
  • 安田元久編 『鎌倉・室町人名事典』(コンパクト版) 新人物往来社、1990年。 
  • 石井清文『鎌倉幕府連署制の研究』岩田書院、2020年。ISBN 978-4-86602-090-7。