北条氏隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この項目には、JIS X 0213:2004 で規定されている文字が含まれています(詳細)。
 
北条 氏隆
時代 戦国時代 - 江戸時代
生誕 不詳[注釈 1]
死没 慶長14年11月9日1609年12月5日
改名 菊千代(幼名)→北条氏隆→鈞庵宗仙
別名 幼名:菊千代
輩行名:彦太郎
戒名 養靏院殿松壡仙公居士[2]
主君 北条氏直生駒近規
氏族 後北条氏
父母 父:氏信、母:西園寺公朝の娘[2]
東光院殿[注釈 2]

北条 氏隆(ほうじょう うじたか)は、戦国時代の人物。号は筥根寄斎。相模国久野城(小田原市)城主[2]

生涯[編集]

永禄12年(1569年)に父・氏信が、武田氏駿河侵攻で戦死したため、上杉謙信の養子となった北条三郎(上杉景虎)に代わり、幻庵の後を継ぐ。

天正10年(1582年)頃に元服し、翌年1月4日付けで西群底倉(神奈川県箱根町)での禁制が初見発給文書である[4]

小田原征伐による後北条氏没落後は、北条氏直に従って高野山へ赴いた[2]。翌19年9月には、出家して鈞庵宗仙と称し、高松藩丸亀城生駒氏に仕えた後、京都に在住していたことが、板部岡江雪斎らとの書状から判明している[2]

慶長14年(1609年)に死去、法号は養靏院殿松壡仙公居士。氏隆の死去により久野北条氏も断絶となった[5]

脚注[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 氏信の婚姻が永禄6年(1563年)のことであるから、およそ永禄末年頃の生まれと推測される[1]
  2. ^ 出自は不明。慶長9年4月30日死去。法名:東光院殿嶺梅芳春大禅定尼[3]

出典[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]