北東ポルダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
北東ポルダー
Noordoostpolder
北東ポルダーの市旗 北東ポルダーの市章
基礎自治体旗 基礎自治体章
位置
の位置図
その他
等時帯 中央ヨーロッパ時間 (UTC+1)
夏時間 中央ヨーロッパ夏時間 (UTC+2)
北東ポルダー、595,43 km² の干拓、(オランダ

北東ポルダー (ほくとうポルダー、:ノールトーストポルダー、Noordoostpolder )は、オランダ中部フレヴォラント州にある基礎自治体(ヘメーンテ)

歴史[編集]

1942年に設立された。

地理[編集]

麦、酪農などが盛んである。土地は国から借りているものが多い。

自治体[編集]

ポルダー内に新しく建設される村・ナーヘレ(Nagele)は大規模で、当時近代的な建築家が自分のアイデアを実現できる数少ない場所の一つであった。計画された50年代当時いた建築集団のデ・アフトやオップバウなどのメンバーのコーネリアス・ファン・エーステレンアルド・ファン・アイクヘリット・リートフェルトと造園家ミン・ルイスウィム・ベルらによって設計された。周りの他の衛星村エメロードはアールデルフト学校によって伝統の実勢建築様式で建てられた。

1947年から建設が開始され、とりわけ1949年にエーステレンは新しい村の位置付けに従事。村の計画では、リートフェルトによる初期スケッチに基づいてエーステレンが精緻に確認。村は厳格な法律や都市計画に基づいて構築されている。建築家の両グループは、直線的な建築の擁護者であったため、建物はガラスとコンクリートの開放性と厳密さを放射して使用し、平らな屋根というアイデアで実行した。

村は、風の干拓地から保護区bomenwalを中心に構築され、ナーヘレには動き、生活、仕事と休養といった重要な機能の明確性がある。 交通を南北道路で結び、中央の緑の公園や周辺をルイスが構築し、地元車用のリングでデザインしている。 中央の空間において集団施設を配置。また、緑地の西に店舗がリボン状に配置され、店はすべての住宅地からほぼ同じ距離にあるように配置されている。 環状道路で北、西、南に7住宅地区に区分し、独自の中央の緑の空間の周りにそれぞれが位置する。住宅は主に日光の最適侵略のために、東と西に向かって正面の強い優先配向を有するストライプで構築されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]