北條瑛祐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ほうじょう えいすけ
北條 瑛祐
プロフィール
愛称 えーちゃん、えいすけ、北條B祐
出身地 日本の旗兵庫県明石市
生年月日 (1991-01-14) 1991年1月14日(28歳)
血液型 A型
最終学歴 関西大学
勤務局 朝日放送テレビ
活動期間 2013年 - 現在
出演番組・活動
出演中 ABCフレッシュアップベースボール
Monday! SPORTS - JAM
出演経歴 キャスト
アナウンサー: テンプレート - カテゴリ

北條 瑛祐(ほうじょう えいすけ、1991年1月14日 - )は、朝日放送テレビ[1](ABC)所属のアナウンサー

来歴・人物[編集]

兵庫県明石市出身。関西大学を卒業後の2013年に、アナウンサーとして朝日放送に入社。学生時代に野球でのプレーを経験していたことから、「初鳴き」(番組デビュー)直前の取材では、「ABCで野球実況をやらないのはもったいない。同じルーキーで(姓も同じ)阪神タイガース北條史也内野手に(スポーツアナウンサーとして)会いたい」という抱負を述べていた[2]

2013年10月30日から2015年3月27日までは、朝日放送入社後初めてのレギュラー番組として、『キャスト』(朝日放送テレビ平日夕方のローカルニュース番組)の水 - 金曜日で中継リポーターを担当。2014年には、「天王寺・ビールの祭典生中継」で第13回ANNアナウンサー賞番組部門の新人賞を受賞した[3]

2015年からは、阪神の沖縄春季一軍キャンプ取材(2月下旬)を皮切りに、スポーツアナウンサーとしての活動を本格的に開始。朝日放送ラジオでは、『Monday! SPORTS - JAM』(スポーツ情報番組)で初めてレギュラーを務めるほか、『ABCフレッシュアップベースボール』の阪神戦中継でベンチリポーターを担当。2016年6月30日に『ABCフレッシュアップベースボール』で放送された阪神対横浜DeNAベイスターズ戦中継(阪神甲子園球場)からは、阪神戦中継の実況陣に加わっている。

特技は、ボウリングけん玉。「初鳴き」直前の取材では、報道陣を前に、自前のけん玉で大技を披露した[2]

エピソード[編集]

出演番組[編集]

現在[編集]

  • 全国高校野球選手権大会中継
    • 入社1年目の2013年から、テレビ中継で「燃えろ!ねったまアルプス」のリポーターを担当。
    • 2015年からは、ラジオ中継の実況アナウンサー、出場校の選手に対するインタビュアー、甲子園スタジオのMCとして出演。
    • 2016年からは、テレビ中継でも実況担当。2018年の第100回大会開会式では、朝日放送テレビが(朝日放送時代を含めて)初めて地上波向けとBS朝日向けの中継を別々に制作したことから、BS朝日向けの中継で(地上波のテレビ・ラジオ中継を通じても)初めて開会式の実況を任された[5]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

過去[編集]

テレビ[編集]

  • おはよう朝日です
    • 自己紹介を兼ねて、同期入社の大野と共に、2013年7月9日放送分へ出演。テレビ番組へのデビューを果たした[6]
  • キャスト(水 - 金曜中継リポーター、2013年10月30日 - 2015年3月27日)
    • 「水曜中継 ウチきて!」では西代洋(ミサイルマン)とのコンビ、「木曜中継 立入禁止お邪魔します」ではさゆり(かつみ・さゆり)とのコンビ、「金曜中継 土日にGO!」では単独でリポートを担当。
    • 2019年6月21日放送分の「道上さんの中継」(「土日にGO!」の後継コーナー)では、なわてボウル(四條畷市)にてボウリングの実況を担当。
  • 高校野球100年の夏(2015年8月10日、2015年8月14日)
  • 志村&所の戦うお正月2016(テレビ朝日・朝日放送共同制作・テレビ朝日系列全国ネットの特別番組、2016年1月1日)
    • コーナーの進行役として、地上波・全国ネットのテレビ番組へ初出演。

ラジオ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2018年4月1日に旧・朝日放送(朝日放送グループホールディングス)の認定放送持株会社化に伴い、アナウンサーは全員、朝日放送テレビ所属となった。
  2. ^ a b 今年の新人局アナ事情 (『産経WEST』2013年7月18日付記事)
  3. ^ 第13回ANNアナウンサー賞 (「テレビ朝日アナウンス部チャンネル」2014年12月3日付記事)
  4. ^ 『伊藤史隆のラジオノオト』2017年11月3日放送分「スポーツヘッドライン」より、谷口真由美の代役として出演した白井談。北條は同日の同コーナーにて阪神タイガースの秋季キャンプリポート目的で電話出演していた。
  5. ^ 地上波向けの中継では、同僚の高野純一ヒロド歩美両アナウンサーが実況を担当(2016年の第98回大会から3年連続のコンビ実況)。
  6. ^ a b c ABC新人・大野聡美アナ あの先輩超え期待も「路チューはダメ」(『スポーツニッポン』2013年7月9日付記事)