北永山駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
北永山駅
駅全景(2017年10月)
駅全景(2017年10月)
きたながやま
Kita-nagayama
W31 永山 (2.1km)
(3.3km) 南比布 W33
所在地 北海道旭川市永山町14丁目
駅番号 W32
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 宗谷本線
キロ程 11.4km(旭川起点)
電報略号 キナ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1947年(昭和22年)12月
備考 無人駅
テンプレートを表示

北永山駅(きたながやまえき)は、北海道上川総合振興局旭川市永山町14丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)宗谷本線である。駅番号W32電報略号キナ

歴史[編集]

1977年の移転前の北永山駅と周囲約500m範囲。右上が名寄方面。現在の位置より600m名寄側の、当麻町との境界近く、石狩川橋梁へのカーブの手前にあった。旭川寄りの踏切横からホームを回りこむような小道を約100m程進んだ位置に待合室の白い屋根が見える。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

駅名の由来[編集]

「永山」の北部にあるため[3][4]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線を有する地上駅。ホームは線路の東南側(稚内方面に向かって右手側)に存在する。分岐器を持たない棒線駅となっている[5]

仮乗降場に出自を持つ開業時からの無人駅[6]で駅舎は無いが、移設された関係で施設は比較的新しい[7]。ホーム中央部分に待合所、稚内方に階段を有し駅施設外に連絡している[5]。ホームの有効長は3両分で、南向きの壁に太陽電池が設置してあり夜間の電灯の電源に使用している。トイレは無い[8]

移転前の駅も、現在と同じくホームは線路の東南側(稚内方面に向かって右手側)で、待合所のみを有していた[9]

利用状況[編集]

  • 1992年度(平成4年度)の1日乗降客数は242人[5]
  • 2013 - 2017年(平成25 - 29年)の乗車人員(特定の平日の調査日)平均は33.8人[10]

駅周辺[編集]

永山新川(国道39号牛朱別大橋とJR宗谷本線橋梁)

永山市街を出て、上川盆地の広がる田園地帯の中にある[8]当麻町との町境に近い[8]。ホームからは大雪山系の山々が望める[8]。駅付近に所在する高校生徒の利用が多い。

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道(JR北海道)
宗谷本線
快速「なよろ
通過
普通(一部列車は当駅通過)
永山駅 (W31) - 北永山駅 (W32) - *南比布駅 (W33) ‐ 比布駅 (W34)
*:一部列車は南比布駅を通過する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 曽根悟(監修)『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』20号・宗谷本線/留萌本線、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2009年11月2日、14-17頁。
  2. ^ “全駅DATA 石北本線②(上川~網走) 宗谷本線”. 週刊JR全駅・全車両基地 (朝日新聞出版) (No.60): pp.19-27. (2013-10-03). 
  3. ^ 『北海道 駅名の起源』日本国有鉄道北海道総局、札幌市、1973年3月25日、第1版。
  4. ^ 書籍『北海道の駅878ものがたり 駅名のルーツ探究』(監修:太田幸夫、富士コンテム、(2004年2月発行))119ページより。
  5. ^ a b c 書籍『JR・私鉄全線各駅停車1 北海道630駅』(小学館1993年6月発行)142ページより。
  6. ^ 書籍『無人駅探訪』(監修:西崎さいき、文芸社2011年6月発行)148ページより。
  7. ^ 書籍『国鉄全線各駅停車1 北海道690駅』(小学館1983年7月発行)141ページより。
  8. ^ a b c d 書籍『北海道鉄道駅大図鑑』(著:本久公洋、北海道新聞社2008年8月発行)198ページより。
  9. ^ 書籍『国鉄全線各駅停車1 北海道690駅』(小学館1983年7月発行)175ページより。
  10. ^ 駅別乗車人員(【別添資料】(2)宗谷本線(旭川・稚内間)の状況) (PDF)”. 宗谷線(旭川~稚内間)事業計画(アクションプラン). 北海道旅客鉄道. pp. 11-12 (2019年4月). 2019年4月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月18日閲覧。

関連項目[編集]