北泉通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

北泉通(ほくせんどおり[1])は京都市左京区の東西の通りの一つ。東は白川通から西は下鴨中通まで。途中川端通から下鴨東通まで高野川で中断する[2]

京都北部の住宅地の中を走る全区間歩道の整備された2車線の道路で、北山通北大路通の間の亜幹線である。下鴨本通から松ヶ崎通までと東大路通から白川通までは京都市営バスの路線がある。

沿道の主な施設[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 京都市内の通りの名称は「通」となっていて「り」を送らない。例外として道路標識では「通り」として送る表記を採用しているが、印刷資料で送るものは極めて珍しい。京都市内の通り#表記参照
  2. ^ 少し北にある馬橋で迂回できる。また、左京区役所移転を契機として。北泉橋が建設中である 昔から計画されていた計画道でもある

関連項目[編集]

京都市内の東西の通り
西は
下鴨中通
まで
北隣の通り:北山通 東は
白川通
まで
北泉通
南隣の通り:曼殊院道