北浦愛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
きたうら あゆ
北浦 愛
生年月日 (1992-11-26) 1992年11月26日(26歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都
身長 162 cm
血液型 AB型
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 2004年 -
事務所 ユマニテ
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
映画
誰も知らない
きみの友だち

北浦 愛(きたうら あゆ、1992年11月26日 - )は、日本女優

東京都出身。パパドゥを経て、2013年よりユマニテ所属。

来歴[編集]

  • 2004年映画誰も知らない』の長女・京子役で映画デビュー。11歳にして、繊細で存在感のある演技を見せた。
  • 都内の大学に進学。

人物[編集]

  • 特技は、英語、乗馬。

出演[編集]

映画[編集]

  • 誰も知らない(2004年8月7日) - 福島京子 役
  • ウール100%(2006年10月28日) - 主役・アミナオシ 役
  • きみの友だち(2008年7月26日) - 楠原由香 役
  • 泣きたいときのクスリ(2009年1月10日) - 麻里子 役
  • センチメンタルカラス[注 1](2014年1月7日[1]) - カラス 役
  • 銀の匙 Silver Spoon(2014年3月7日) - 栄真奈美 役
  • 鉄馬と風(2014年3月8日)
  • Out There(2015年)
  • 死と恋と波と[注 2](2015年)
  • 電波に生きる[注 3](2015年2月28日) - 甲本えり 役
  • この国の空(2015年8月8日) - イソガイ 役
  • RADWIMPSのHESONOO Documentary Film(2016年3月11日) - ナレーション
  • 気ブン爽カイ[注 4](2017年1月27日) - 吉本陽亜乃 役
  • 友罪(2018年5月25日) - 千尋 役[2]
  • 21世紀の女の子 「回転てん子とどりーむ母ちゃん」(2019年2月8日) - 主演[3]
  • スペシャルアクターズ(2019年10月18日公開予定)

テレビドラマ[編集]

テレビ番組[編集]

  • グラジオラスの轍(フジテレビ) - ナレーション
    • 揺れる日本バスケットボール界 その中で生きる2人の挑戦(2015年1月18日)
    • 白井健三の白線流し(2015年5月3日)
    • 不屈のストライカー 鄭大世(チョン テセ)〜我ゴールを決める、故に〜(2018年2月11日)
  • アキレアの橋〜2020遥かなる東京へ〜(BSフジ) - ナレーション
    • 第1回 体操・白井健三(2016年4月29日)
    • 第2回 レスリング・登坂絵莉と仲間たち(2016年5月27日)
    • 第6回 それぞれのオリンピック(2016年9月30日)
    • 第7回 五輪新競技ラプソディ(2016年10月28日)
    • 第8回 日本体育大学 体操競技部物語(2016年11月25日)
    • 第9回 女子7人制ラグビー日本代表・サクラセブンズ(2016年12月30日)
    • 第12回 番組が始まって一年、野村忠宏が駆け抜けた春夏秋冬を振り返る!(2017年3月31日)
    • 第13回 体操・白井健三(2017年4月23日)
    • 第18回 柔道世界選手権(2017年10月29日)
    • 第21回 女子アスリート特集 〜女の生きざま〜(2018年3月4日)
    • 第22回 成田緑夢(2018年3月25日)
    • 第23回 日本体育大学 体操競技部物語〜泣き虫キャプテン奮闘記〜(2018年4月29日)
    • 第24回 駆け引き(2018年9月23日)
  • 独占告白24時間密着「絶対誰にも言いたくなかった」〜体操・白井健三 リオ五輪の真実〜(2016年9月10日、フジテレビ) - ナレーション
  • メイキング・オブ・「万引き家族」(2018年5月21日 - 、日本映画専門チャンネル) - ナレーション

CM[編集]

配信ドラマ[編集]

舞台[編集]

MV[編集]

モデル[編集]

  • 写真展「North Shore」(2014年7月31日 - 8月29日、銀座フォト・プロムナード)

受賞歴[編集]

  • 2005年 第19回高崎映画祭 最優秀新人女優賞 『誰も知らない』

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ユマニテオリジナル短編映画。
  2. ^ 井上靖の同名短編小説を実写映画化した短編ドラマ。
  3. ^ ラジオをテーマに、東京藝術大学大学院映像研究科映画専攻の監督領域所属の9期生によるオムニバス映画『リスナー』の一編。
  4. ^ 坂元裕二 x 東京藝術大学大学院映像研究科映画専攻脚本領域の学生による短編会話劇『雑談会議』。
  5. ^ エンドロールに記された役名。

出典[編集]