北海商船

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
北海商船フェリー株式会社
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
北海道小樽市港町8番6号
設立 1954年
業種 海運業
事業内容 旅客船運航
代表者 立崎烈
特記事項:1993年営業終了
テンプレートを表示

北海商船(ほっかいしょうせん)は、かつて存在した日本の海運会社。小樽港から利尻島礼文島への小樽利礼航路を運航していた。

概要[編集]

小樽利札航路は、道庁命令航路小樽稚内線乙線として、1915年藤山要吉が受命して以降藤山海運が運航していたが、藤山海運の経営の悪化により、1954年に北海商船が小樽利礼航路および就航船礼文丸を継承して運航を開始した。

1976年12月22日、新おたる丸が礼文島金田ノ岬付近で吹雪により座礁、現場の地形と冬期の海況から短期間での離礁が困難と判断されたため、稚内利礼運輸から第三利礼丸を用船して運航した[1]。その後、新おたる丸は放棄されたため、1977年室戸汽船から第五室戸丸を購入して就航させた[2]

1981年小樽市利尻町東利尻町礼文町からの強い要望により航路をフェリー化、北海商船フェリーに社名を変更した。東日本フェリーから第五青函丸を用船して、小樽利礼航路初のカーフェリーおたる丸 (2代)として就航させたが、 船型が過大で経営が圧迫され、1982年からはより小型の第一宗谷丸東日本海フェリーから用船した。

1988年以降は第二宗谷丸を用船、1993年12月に旅客および貨物の減少により航路廃止となった[3]

航路[編集]

小樽利札航路
道内航路としては唯一の夜行便で、通常期および閑散期は往路が夜行便、復路が昼行便で、繁忙期は往復とも夜行便で運航されていた。
末期は通常期は週3往復、7-8月の繁忙期は2日1往復で運航していた。11-3月の閑散期は月6往復の運航でドック期間中は運休していた。

船舶[編集]

客船・貨客船[編集]

  • 礼文丸
藤山海運より継承
  • おたる丸 (初代)
1956年就航
  • 新おたる丸
1976年12月22日、礼文島沖で座礁、後に船体放棄。446総トン
  • 第三利礼丸
座礁した新おたる丸の代船として一時的に稚内利礼運輸から用船。224総トン
  • 第五室戸丸
新おたる丸代船として室戸汽船より購入。365総トン

フェリー[編集]

  • おたる丸 (2代)
1969年竣工、998総トン、1981年就航、元東日本フェリー第五青函丸
1983年に東日本海フェリーへ売却され、第八宗谷丸として稚内 - 利礼航路に就航。
1970年就航、537総トン、1982年に東日本海フェリーより用船、稚内利札航路初のカーフェリー。
  • 第二宗谷丸
988総トン、1988年に東日本海フェリーより用船

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 世界の艦船(1977年4月号,p147)
  2. ^ 世界の艦船(1977年10月号,p152)
  3. ^ 利礼航路*家族訪問に行商に*島通いの人々、熱い惜別 - フォト北海道(北海道新聞 1993年12月30日)