白老カーランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
日本の旗 白老カーランド
(旧:北海道スピードウェイ)
概要
所在地 日本北海道白老郡白老町字竹浦
座標 北緯42度30分18.30秒 東経141度14分45.54秒 / 北緯42.5050833度 東経141.2459833度 / 42.5050833; 141.2459833座標: 北緯42度30分18.30秒 東経141度14分45.54秒 / 北緯42.5050833度 東経141.2459833度 / 42.5050833; 141.2459833
運営会社 坂田工務店→株式会社白老カーランド→北海道レーシングパーク
営業期間 1970年-1973年 2002年-2015年 2016年-2017年
収容人数 (10万人:北海道スピードウェイ時代)
テンプレートを表示

白老カーランド(しらおいカーランド、SIRAOI CARLAND,inc.)は、北海道白老郡白老町字竹浦にあったサーキット。略称は、「SCL」。

概要[編集]

札幌からのアクセスが良好なことから耐久レースやバイクレース・ショップイベントに積極的に利用されていた。またドリフトが可能なコースで主にショートコースを使って開催されていた。

沿革[編集]

  • 1970年昭和45年)7月 坂田工務店がサカタランド内に「北海道スピードウェイ」を創設し、オープン。
  • 1973年(昭和48年)死亡事故や近隣住民からの騒音に対する苦情、経営難などで廃業を余儀なくされ閉鎖。
  • その後、30年近く放置され、無断使用による事故が多発。コース上のアスファルトを一部剥離するなど不法使用の対策が施れた。

コース概要[編集]

北海道スピードウェイ時代[編集]

メインコース…全長2553m(2350m)直線800m

サカタランド内に設置され、ヘリポートも完備。観客の収容人数は、約10万人。 オープニングイベントは、SCCN(スポーツカークラブオブニッサン)主催による、高橋国光砂子義一ニッサンプリンスR380が走行。 エキジビションイベントでは、鈴木誠一セドリックが走行。

白老カーランド時代[編集]

メインコース…全長2250m 幅員:最大35m 最小10m
ショートコース…全長800m 幅員:最大10m 最小5m
ダートコース・クロスカントリーコース等

再オープンの際に、コースが一部改修されレイアウト変更が出来るように設計され、先に寸断されていた舗装の改修が行われた。

閉鎖期間が長かったため、路面の状況が悪く安全性を考えればコース全体の再舗装が望ましいが、財政が厳しく毎年少しずつ改修されているのが現状である。 その路面状況から「北海道のニュル」とも言われることもあり、道内にある他のサーキットとは違った魅力となっている面もある。

コースは、全国的にも珍しい左回りの高速レイアウトとなっている。2コーナーから緩い登りになっているがその先の「馬の背」と呼ばれる右コーナーは、クリッピングポイントから急な下り勾配になっているために続くS字コーナーへのアプローチが難しく、非常にチャレンジングなコーナーとなっている。

サーキットコース・ダートコース・ショートコースなどがあり、サーキットコースをメインコースとして使われている。

主なイベント[編集]

  • ドリフトイベントはD1ストリートリーガルなどが開催されており、土屋圭市やD1選手が年に数回訪れてイベントを盛り上げている。
  • ランニングファイト[1]
  • 他、ショップ主催の走行会も開催されておりYouTubeで観覧できる。[2]

所在地[編集]

アクセス[編集]

脚注[編集]