北海道ホテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:施設外観の画像提供をお願いします。2017年2月
株式会社 北海道ホテル
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
080-0017
北海道帯広市西7条南19丁目1
設立 1899年
業種 宿泊業
法人番号 4460101001624
代表者 林克彦(取締役社長)
関係する人物 小泉碧
テンプレートを表示
森のスパリゾート 北海道ホテル
Hokkaido Hotel
ホテル概要
設計 象設計集団[1][2]
施工 大成建設
運営 株式会社北海道ホテル
前身 北海館
階数 地下1階 - 地上9階
駐車場 180台
開業 1899年(北海館)
1995年(北海道ホテル)
最寄駅 帯広駅
所在地 〒080-0017
北海道帯広市西7条南19丁目1
位置 北緯42度54分37秒 東経143度11分49秒 / 北緯42.91028度 東経143.19694度 / 42.91028; 143.19694座標: 北緯42度54分37秒 東経143度11分49秒 / 北緯42.91028度 東経143.19694度 / 42.91028; 143.19694
公式サイト 北海道ホテル 公式サイト
テンプレートを表示

北海道ホテル(ほっかいどうホテル)は、北海道帯広市にある企業。「森のスパリゾート 北海道ホテル」を運営している。十勝毎日新聞社グループ[3]

沿革[編集]

  • 1899年明治32年):北海道ホテルの前身となる「北海館」開業[4]
  • 1902年(明治35年):小泉碧が経営に乗り出す[4]
  • 1905年(明治38年):帯広駅前に新築移転。
  • 1966年昭和41年):現在地に新築移転(画家の能勢眞美がかつて住んでいた場所)。
  • 1986年(昭和61年):株式会社ニュー北海ホテル帯広を設立し、帯広駅前にビジネスホテル「ホテルヒーロー」開業[5][6]
  • 1991年平成03年):十勝毎日新聞社グループとなる[7]
  • 1994年(平成06年):「北海道ホテル」と改称。
  • 1995年(平成07年):大規模改築してグランドオープン。『帯広市都市景観賞』受賞[8][9]
  • 2000年(平成12年):ホテルヒーローが隣接地に新築移転[6]
  • 2010年(平成22年):ホテルヒーローを北海道旅客鉄道(JR北海道)に売却(現在の「JRイン帯広」)[6]
  • 2015年(平成27年):客室やレストラン、教会など施設の一部をリニューアルし、「森のスパリゾート 北海道ホテル」と改称[10]トリップアドバイザーの「エクセレンス認証」を5年連続で受賞し、「殿堂入り」する[11]

施設[編集]

客室

  • ガーデンウィング
    • ガーデンツイン (31 m²)
    • テラスツイン (31 m²)
    • デラックスダブル (27 m²)
    • モダンダブル (27 m²)
    • フォレストスパツイン (45 m²)
    • プレミアム・スパスイート (81 m²)
  • 日高ウィング
    • シングルルーム (15 m²)
    • スタンダードツイン (24 m²)
    • スーペリアツイン (30 m²)
    • デラックスツイン (31 m²)
    • メゾネットフォース (98 m²)

温泉

宴会・会議場

  • 大宴会場 大雪の間(760 m²、収容人数90〜756人)
  • ポロシリの間(200 m²、収容人数80〜160人)
  • ポプラ・ハマナスの間(80 m²〜121 m²、収容人数18〜110人)
  • 樹海の間・高坏の間(63 m²〜68 m²、収容人数36〜64人)

レストラン

  • バード・ウォッチ・カフェ
  • 和食・六郎
  • 鉄板焼き・コタン
  • 天ぷら・鶴来(つるぎ)
  • 鮨処・春日
  • バー・ベア
  • ラウンジ・ダイヤモンドダスト

その他

  • アロマテラピーサロン「ラフィーネ」
  • 森の教会
  • ギャラリー(能勢眞美の絵画などを展示)
  • スーベニアショップ・エブリシングノース

アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 北海道ホテル”. 象設計集団. 2016年11月29日閲覧。
  2. ^ 北海道ホテル(増改築)”. 象設計集団. 2016年11月29日閲覧。
  3. ^ 観光グループ”. 十勝毎日新聞社. 2016年11月29日閲覧。
  4. ^ a b “北海道ホテル”. 十勝毎日新聞 (十勝毎日新聞社). (2000年5月22日). http://www.tokachi.co.jp/kachi/jour/20keizai/15.html 2016年11月29日閲覧。 
  5. ^ “旅館組合100年 帯広の宿 今昔 番外編”. 十勝毎日新聞 (十勝毎日新聞社). (2005年10月28日). http://www.tokachi.co.jp/kachi/jour/05yado/20051028/05.htm 2016年11月29日閲覧。 
  6. ^ a b c “JRがホテルヒーロー取得”. 十勝毎日新聞 (十勝毎日新聞社). (2010年12月22日). http://www.tokachi.co.jp/news/201012/20101222-0007540.php 2016年11月29日閲覧。 
  7. ^ ホテル北海館を買収し帯広進出 —第一ホテル”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (1991年12月19日). 2016年11月29日閲覧。
  8. ^ 市都市景観賞決まる*建造物部門「北海道ホテル」に*街なみ部門 北電とNHKの前庭”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (1995年12月8日). 2016年11月29日閲覧。
  9. ^ 「帯広市都市景観賞」受賞者 (PDF)”. 帯広市. 2016年11月29日閲覧。
  10. ^ “北海道ホテル スパリゾートに 客室に露天風呂整備”. 十勝毎日新聞 (十勝毎日新聞社). (2015年3月26日). http://www.tokachi.co.jp/news/201503/20150326-0020659.php 2016年11月29日閲覧。 
  11. ^ トリップアドバイザー「殿堂入り」”. 北海道ホテル (2015年6月21日). 2016年11月29日閲覧。